« 東京オペラシティ アートギャラリーで「田根 剛|未来の記憶 」を見る | トップページ | 神奈川県民ホールギャラリーで「5RoomsII ― けはいの純度」を見る »

2018.12.31

松濤美術館で「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」を見る

Ph01

渋谷区立松濤美術館で「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」(500円:2018/12/8-2019/1/31)を見た。廃墟を描くというと、麻田浩とか元田久治、大岩オスカールといった現代作家を思い出すのですが、そのずっと前から廃墟を描くというのはテーマとしてあったらしい。この展覧会のプレスリリースによると「栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。『廃墟』は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていました。興味深いことに 18 世紀から 19 世紀にかけていわゆる廃墟趣味が流行すると、『廃墟』は絵画の主役の地位を確立していきます。『廃墟』を愛でること、描くこと-この美学は、近代に日本の美術のなかにも伝播しました」とのこと。

そういえば、国立西洋美術館で廃墟を描いた版画は見た覚えがありました。例えば下の作品は、ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージの 《『ローマの景観』より:シビラの神殿、ティヴォリ(背後から)》ですが、今回の展覧会に合わせて、国立西洋美術館から借りてきたものです。ちなみに、撮影用のその拡大コピーを飾っていて、撮影させていただきました。この作品は1761年のもの。ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージはイタリア人で版画家、建築家、舞台意匠家、考古学者という人物です。

Ph02

廃墟が意味するのは「無常の暗示」であり「滅びの美」である、とのこと。ヴァニタスという人生の空しさの寓意を表す静物画がありますが、その風景画版という感じです。

面白かったのは、18 世紀から 19 世紀にかけて廃墟趣味が流行した原因です。カタログの解説によると、まず18世紀に遺跡の発掘が相次いだこと。イタリアでポンペイ遺跡が見つかったのは、この時期だそうです。もう一つは、グランド・ツアーという、上流階級の子弟の通過儀礼として流行した海外旅行だそうです。歴史遺跡を巡ったりもしたそうで、その記念として廃墟の絵画とか版画が受け入れられた、ということらしい。

この展覧会では、その後の展開として、日本の画家への影響、20世紀前半のシュルレアリスムへの影響が展示されてます。最後に日本の現代作家、麻田浩とか元田久治、大岩オスカールの展示にうつっていきます。

これで500円というのは、なかなかコストパフォーマンスのよい展示でした。


|

« 東京オペラシティ アートギャラリーで「田根 剛|未来の記憶 」を見る | トップページ | 神奈川県民ホールギャラリーで「5RoomsII ― けはいの純度」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松濤美術館で「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」を見る:

« 東京オペラシティ アートギャラリーで「田根 剛|未来の記憶 」を見る | トップページ | 神奈川県民ホールギャラリーで「5RoomsII ― けはいの純度」を見る »