« 千葉市美術館で「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」を見る | トップページ | リニューアルした東京都現代美術館で「百年の編み手たち」を見る »

2019.04.29

KAAT神奈川芸術劇場で「小金沢健人展 『Naked Theatre –裸の劇場– 』」を見る

KAAT神奈川芸術劇場で「小金沢健人展 『Naked Theatre –裸の劇場– 』」(700円:2019/4/14-5/6)を見た。KAAT神奈川芸術劇場は美術館ではないが、劇場ならではの照明や音響の設備を使ってインスタレーションを実施することがある。2017年に見た「詩情の森── 語りかたられる空間」では金子富之や三瀬夏之介などの作品を使って、かなり異質な空間が創られていた(そのときの紹介記事はこちら)。今回は小金沢健人によるインスタレーションです。

KAAT神奈川芸術劇場は神奈川県の公益財団法人である神奈川芸術文化財団が運営する劇場。横浜市中区にある。具体的には、みなとみらい線の元町・中華街駅と日本大通り駅の間に建ってます。今回の
会場は3階にある「中スタジオ」。本来は間仕切りを入れることで、中スタジオと小スタジオに分けて使えるらしいが、今回は間仕切りなしで使っている。Webにある説明では「それぞれ稽古場としての利用ができるほか、中小スタジオ間の可動間仕切りを取り払うことにより、小規模な公演の実施も可能です」としている。広さは401平方メートルで高さは5.3mとそこそこ広い空間です。

今回のチラシで見たのは明らかに映像の一部で、画面半分を境に鏡像にしたもののようでした。じゃあビデオを使ったインスタレーションかなあ、と予想して行ったのですが、まったく違うものでした。まあ、後から分かったのですがチラシに使っていたのは《半分シャーマン》というタイトルのビデオで、今回の会場に付属する化粧室で下のような感じで上映してました。

Ph01_2

Ph01jpg

会場に入ると、真っ暗でした。真っ暗でなんだか分からん、と思い始めたところで、係員の方が近づいてきて、暗くなったり、明るくなったりしますので、目が慣れるまで気を付けてください、といったことを説明してくれました。待つことしばし、照明が付き始めて、何となくわかるようになりました。

会場には看板が2つと大きめの衝立が2つあり、観客が座れそうな手すり付きの階段が2つ、あとスツールがいくつかありました。ここに上から、あるいは横から光があたり、なんとなく聞きにくいモノローグのような音声が流れております。言葉では説明しにくいので、撮影した写真を並べておきます。

Ph03_7 

Ph02_2

Ph05jpg

Ph10

Ph07_1

ここまでは、モノクロームの世界ですが、会場の中央の天井にネオン管が配置されていて、これが色鮮やかに輝きます。

Ph09

Ph08

飽きずに、だいたい30分は眺めてました。

どうやら、シリーズ化されているらしく、来年も楽しみな感じです。

 

 

|

« 千葉市美術館で「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」を見る | トップページ | リニューアルした東京都現代美術館で「百年の編み手たち」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉市美術館で「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」を見る | トップページ | リニューアルした東京都現代美術館で「百年の編み手たち」を見る »