« 府中市美術館で「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」を見る | トップページ | KAAT神奈川芸術劇場で「小金沢健人展 『Naked Theatre –裸の劇場– 』」を見る »

2019.04.21

千葉市美術館で「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション」を見る

千葉市美術館で「オーバリン大学アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリ・エインズワース浮世絵コレクション−初期浮世絵から北斎・広重まで」(1200円:2019/4/13-5/26)を見た。タイトルにあるオーバリン大学アレン・メモリアル美術館は米国のオハイオ州にある。米国の東の北です。そしてメアリ・エインズワースという方はアメリカ人女性で1867年(慶応3年)生まれで1950年(昭和25年)に亡くなっている。エインズワースは実業家の娘で、お金持ち。そして大学を卒業しているので、教養もある方のようです。明治39年(1906年)に来日して、初めて浮世絵を購入。そこから1500点に達するコレクションを作り上げた、とのこと。

今回の展示は、1500点のコレクションから200点を選んで紹介する、というものです。興味深いのが歴史的な順を追っていけるように作品が収集されていること。浮世絵の初期の作品、17世紀後半の菱川師宣や奥村政信から始まって、18世紀中頃の鈴木春信、18世紀後半の喜多川歌麿、東洲斎写楽、そして19世紀の北斎、広重、国芳と重要な作家の作品がコレクションされている。

浮世絵について特に詳しいワケではないのですが、今回の展示で初めて知ったことが2つありました。

まず、「柱絵」という判型。今回の出展作品には妙に細長い浮世絵がいくつかあって、その説明には「柱絵」あるいは「幅広柱絵」とある。初期の浮世絵の場合、幅が17cmと25-26cmの2種類があって、25cmぐらいのを「幅広柱絵」という。長さの違いは、元になる紙を二等分するか、三等分するか、だそうです。これが18世紀の鈴木春信の作品あたりなら幅が約
11cmで、これは紙を四等分しているためだそうです。ちなみに縦の長さは70cm前後です。こういう縦長の作品が、カタログで確認すると11点ありまして、過去に見たことはあるのかもしれませんが、これだけ大量に見るのは初めてでした。ちなみに、エインズワースが初めて購入した浮世絵は幅広柱絵で、石川豊重の《提灯と傘を持つ佐野川市松》という作品でした。

もう一つは「紅嫌い」。説明によると「着彩に紅色を用いず、墨、紫、緑、黄などごく絞った色数を用いた作品」のことだそうで、「独特の清澄な趣が好まれ天明~寛政年間(1781-1801)に流行した」とのことです。鳥文斎栄之の《風流やつし源氏 朝顔》1点だけなんですが、とても目立っていた。

併催で「千葉市美術館所蔵作品展 受託記念  ピーター・ドラッカー・コレクション水墨画名品展」というのもやってました。前に見たことがあるなあと思ったら、2015年春に開催していたそうです。ピーター・ドラッカーといえば「マネジメントの父」と呼ばれている経営学者ですが、水墨画のコレクターでもあって、そのコレクションを日本の企業が購入し、千葉市美術館に寄託したとのことで、それを記念して、お披露目したということのようです。浮世絵と水墨画を名品を拝見できて、1200円は安いな、という感じです。

|

« 府中市美術館で「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」を見る | トップページ | KAAT神奈川芸術劇場で「小金沢健人展 『Naked Theatre –裸の劇場– 』」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 府中市美術館で「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」を見る | トップページ | KAAT神奈川芸術劇場で「小金沢健人展 『Naked Theatre –裸の劇場– 』」を見る »