« 横浜美術館で「Meet the Collection -アートと人と、美術館」を見る | トップページ | 初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「トム・サックス ティーセレモニー」を見る »

2019.05.24

サントリー美術館で「nendo × Suntory Museum of Art | information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」を見る

サントリー美術館で「nendo × Suntory Museum of Art | information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」(1300円:2019/4/27-6/2)を見た。サントリー美術館とデザインオフィスのnendoが共同で企画した美術展です。「人は美しいものに出会ったとき、2種類の感動のしかたをすると仮定。作品の背景や製作過程、作者の意図や想いを知ることで生まれる感動、そしてもうひとつは、ただただ理由もなく、心が揺さぶられる感動です」として、作者の意図や想いを知ることで生まれる感動を「information」、理由もなく心が揺さぶられる感動を「inspiration」で象徴しているようです。そして、ストレートに説明して見せる「information」とちょっと斬新な見せ方で驚かす「inspiration」で1つの作品を展示するため、入口は「information」と「inspiration」に分かれます。で、下の写真が「information」の入口。「information」 側は白く、「inspiration」側は黒い。

Ph02_7

Ph04_6

「information」側は通路に沿って、説明と作品が向かい合わせに並ぶ。説明がしっかりしていて面白い。下の写真は《切子 蓋付三段重》 とその説明の一部。この作品は名前の通りガラス製の蓋のある三段重なんですが、ガラスがカットされてして美しい。この作品の解説では、作品そのものの解説と、文様の解説と文様を刻み込む手法を掲載している。

Ph09_4

カットの方法については図も付けて説明してます。

Ph08_5

まあ、こういう感じで22の作品について、解説が進みます。サントリー美術館ですので、3階から入って、エレベーターで4階に上がり、4階会場を見た後、階段で3階に降りて、3階会場に入るのですが、今回は階段横の吹き抜けで、傘を持って歩くインスタレーションが実施されておりました。作品はnendoの《uncovered skies》。下の写真のように、長さ15m、幅2.185mの白いステージの上を、傘を開いて歩くと、傘の影の部分に映像が浮かび上がる、というものです。

Ph10_4

傘には偏光フィルムが貼られていて、そこを通した傘の影には、映像が浮かび上がるという仕組みだそうです。

Ph11_2

この後、3階の「information」側を見て、今度は「inspiration」を見るわけですが、再度、4階に向かって「inspiration」を見ました。こちらは黒い。「inspiration」側には作品の説明はなく、床の上に作品番号がプリントされているだけというシンプルなものです。 

Ph12_2

作品の見せ方は、かなり凝っていて、例えば《藍色ちろり》の展示は、「information」側では下のようにストレートに見せてます。 

Ph05_5

「inspiration」側では、下のようになります。青いところで《藍色ちろり》であることが分かります。

Ph06_6

この作品の例はかなり、凝ったものですが、ほかにも色々と工夫してます。まあ、それは見てのお楽しみということで…。

カタログは「information」と「inspiration」の2つ本を合本したような形になってます。残念なのは「information」側の解説が全部入っていないところです。例えば《切子 蓋付三段重》では作品の写真と解説、解説の英語訳だけで、カットの方法を解説したものは掲載されていませんでした。ちょっと残念です。

|

« 横浜美術館で「Meet the Collection -アートと人と、美術館」を見る | トップページ | 初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「トム・サックス ティーセレモニー」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜美術館で「Meet the Collection -アートと人と、美術館」を見る | トップページ | 初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「トム・サックス ティーセレモニー」を見る »