« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019.06.28

ちひろ美術館・東京で「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」を見る

Ph01_20190628214701

ちひろ美術館・東京で「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」(800円:2019/5/11-7/28)を見た。ショーン・タンは1974年オーストラリア生まれのイラストレーターで絵本作家、アニメーション作家。「彼が最初に絵と文を手がけた絵本『ロスト・シング』から最新作までの原画と習作のほか、スケッチ、映像作品、変な生き物をかたどった立体作品も含め約130点の作品を展示し、彼がつくる奇妙で懐かしい世界をたっぷり紹介します」とのこと。

ショーン・タンの代表作は「アライバル」だろう。移民の物語で、男が家族と離れ移住先を探して旅をし、移民し、移住先に家族を迎え入れるという流れなんだけど、言葉は一切ない。128ページあるけど、すべて絵だけで構成されている。

アライバルは5年かけて制作しているのだけど、その制作の過程も紹介していて、なかなか興味深い。例えば、絵コンテがあり、ショーン・タン自身がモデルになった写真も展示されている。解説によると「タンは物語をリアルに表現するため、おびただしい数のイメージ・スケッチや絵コンテを描き、自身がモデルとなって主人公を演じて写真を撮り、その写真からデッサンをおこすという気が遠くなるような作業を繰り返した」とのこと。ちなみに「原画はすべて鉛筆で描かれ、デジタル処理でセピア調に調整され、本全体が古い写真アルバムような体裁を取っている」。

興味深かったのは、絵本の原画以外に小さな油絵が展示されていて、いい味わいだったこと。縦横が変わることはあるけど、大きさは20×15cmに統一されている。絵は「タンが訪れた世界各国の都市の情景」とのこと。ありふれた風景のように見えるのだけど、あまりありふれてないというか、タンのフィルターを通してみた風景という感じです。

ちなみに、今回のカタログとなる「ショーン・タンの世界 どこでもないどこかへ」(2500円:求龍堂)は書店でも買えるのですが、展示会場で購入するとショーン・タンの描き降ろしのイラストが印刷されたカードがもらえました。ちょっといいですね。

さらにちなみに、京都に巡回するそうです。場所は美術館「えき」KYOTO、期間は2019/9/21-10/14です。

| | コメント (0)

2019.06.24

東京都美術館で「都美セレクショングループ展 2019」を見る

Ph01_20190623224301

東京都美術館で「都美セレクショングループ展 2019」(無料:2019/6/9-6/30)を見た。「新しい発想によるアートの作り手の支援を目的として、当館の展示空間だからこそ可能となる表現に挑むグループを募り、その企画を実施するもので、2012年の東京都美術館リニューアルオープンを機に新たに開始されました」とのこと。応募のあったグループから審査して3つのグループを選んだらしい。会場は企画展の入口横の地下に降りていく方にあるギャラリーA、B、C。ギャラリーAが地下3階の吹き抜けで、ギャラリーBが地下3階の天井のある方、ギャラリーCが地下2階。面積としてはそこそこあるし、ギャラリーAならそこそこ高さのある作品も展示できる。3つのグループ名と展示のタイトル、開催場所をまとめると以下のようになる。

場所 グループ名 タイトル
ギャラリーA 過去・現在・未来を考える 星座を想像するように―過去、現在、未来
ギャラリーB エゴイメ・コレクティブ 彼女たちは叫ぶ、ささやく―ヴァルネラブルな集合体が世界を変える
ギャラリーC ヘトロピア ヘテロピア

ちなみに、各グループの概要を説明するのは面倒なので、グループ名の所にリンクを貼っておきました。興味のある方はご覧下さい。

まあ、見た印象ですが、ギャラリーAの「過去・現在・未来を考える」は歴史的なモノをモチーフに扱う作品が中心という感じ。ギャラリーBの「エゴイメ・コレクティブ」は、メンバーの名前からすると女性中心でかつ多国籍、テーマはジェンダーとか肉体という感じ。ギャラリーCの「ヘトロピア」が全体がインスタレーションという感じでよく分からない、面白いけど、といったところ。

撮影できたので、とりあえず印象に残ったものをメモとして残しておきます。

最も印象深いのが、下の児童画。戦前に描かれた「日独伊親善図画」というもので、こちらを研究している田中直子による展示。「1938年に日独伊防共協定の親好を築くためのイベントとして、森永製菓株式会社によって企画された児童画コンクール」とのこと。「日本国内だけで応募総数は、約400万点、応募学校は約1万校までに昇りました」というわけで、膨大な数の児童画がドイツやイタリアに送られたらしい。ドイツで発見された作品を展示している、とのこと。

最初に見たとき、子供の描いた絵だけど、描かれているのが和服を着た人々だったり、髪型が女子はおかっぱ中心と妙に古い。古い割にきれいで、その辺も違和感がありました。よく見ていくと、ゲートルを巻いた人、あるいは軍人、戦闘シーンが描かれている絵もあって、いつの時代のものかようやく分かるわけです。80年前の作品なのに保存状態がいいのが面白い。

Ph02_20190624223001

Ph04_20190624223001

Ph03_20190624223001

優秀作品の賞状が展示されていた。日独伊の国旗が並んでいて、ドイツが鉤十字だったりする。審査員に石井柏亭とか和田三造の名前がある。

Ph05_20190624230901

ギャラリーBの「エゴイメ・コレクティブ」では、岸かおるの「心臓」が気になった。

Ph08_20190624232401

美しい、細かな刺繍で覆われた作品ですが、見た感じ形は心臓です。心臓かなあと思いながら見ていたら、下の写真があって、心臓です。

Ph09_20190624232501

ひらいゆうの作品も目を引いた。人の顔が赤く写っている写真です。
Ph06_20190624232501

Ph07_20190624232501

ヘトロピアでは、とりあえず伊藤誠の作品が目に付いた。何かの道具、解説では機械とあるものとそれを装着した人の写真です。

Ph10_20190624233701

解説によると「この機械は上面が鏡面になっており、鏡を通して装着者の目から上に見えるものが目から下に広がり、装着したまま移動することによって目的が達成されます」とある。

まあ、全体的によく分からないけど、面白かった。

| | コメント (0)

2019.06.21

名古屋市美術館、愛知県立美術館、ヤマザキマザック美術館をはしごする

豊田市美術館を見たあと、名古屋市内に戻って名古屋市内の美術館を見て回った。

Ph01_10 
まず、名古屋市美術館。常設展(300円)のみでしたが、まあモディリアーニの《おさげ髪の少女》とかフリーダ・カーロの《死の仮面を被った少女》が拝見できればいいかと思ったのですが、《死の仮面を被った少女》はボストン美術館に貸し出し中とのことでした。《おさげ髪の少女》は見ることができたので、まあいいか、という感じ。ジョナサン・ボロフスキーの《ハンマリングマン》もいるしね(写真上)。

今回は常設企画展、つまり常設スペースで行う企画展として「新たなる木彫表現を求めて -平櫛田中賞受賞の作家たち-」(2019/4/9-6/30)を開催しておりました。平櫛田中賞は優れた彫刻作家を表彰するもので、岡山県井原市にある田中美術館、というか井原市が主管しているそうです。1972年、田中が百寿の記念に設立された賞で、2019年で29回となる。つまり毎年、実施している賞ではないようで、だいたい2年に1回の模様。この賞の受賞者のなかから5人の作品と田中の作品が展示されてました。なぜか出展リストが手元になく、あいまいですが、舟越 桂、籔内 佐斗司、小谷 元彦、黒蕨 壮といった方々の作品がありました。この中で黒蕨 壮という方の作品を初めて見たのですが、印象深いものでした。木彫ですがなめした皮のような感じです。マイハウスという作品が展示されてました。段ボールのなかに頭を突っ込んで寝ている男なんですが、ズボンをはいていて、そのズボンの質感が革パンという感じでかなり不思議な作品です。詳しくはこちらのPDFをご覧下さい。

Ph02_20190621223801

そこから愛知県美術館に移動。「愛知県美術館リニューアル・オープン記念 全館コレクション企画 アイチアートクロニクル1919-2019
」(500円:2019/4/2-6/23)を見た。この100年の「愛知の前衛的なアートシーンを様々なかたちで揺り動かしてきたムーブメントや事件を辿る企画」とのこと。見てきたのに、なんとなく印象が薄い。「ぷろだくしょん我S」って名古屋の方々なのかとか、北川民次は愛知県にいたことがあるのか、とかいうレベルです。見た当時は図録を買おう、と思っていたのですが、図録を見たらモノクロで、買う気が失せてしまった。

ちなみに常設の「愛知県美術館の名品 寄贈作品・寄付金による購入作品を中心に」というコーナーで、愛知県美術館の名品、クリムトの「人生は戦いなり(黄金の騎士)」(写真下)が拝見できました。それも撮影可なので、凝った額装込みで撮影できたのはよかった。

Ph03_20190621223801

あと、バルテュスの《白馬の上の女性曲馬師》という作品(写真下)もありました。日本国内にはあんまりバルテュス 作品がコレクションされていない気がするのですが、愛知県美術館にあるとは知りませんでした。

Ph04_20190621223801

ちなみに、リニューアルの内容は「天井脱落対策、床・照明の設備更新、トイレの洋式化 」とのことです。

最後にヤマザキマザック美術館に行きました。ここは工作機械メーカーのヤマザキマザックの創業者の山崎照幸 によるコレクションを展示する美術館です。コレクションの内容は「18世紀から20世紀にかけてのフランス美術の絵画作品及びアール・ヌーヴォーのガラス工芸品、家具など」。4階と5階に展示スペースがあって、4階はアール・ヌーヴォーのガラス工芸品が中心で、5階は18世紀から20世紀にかけてのフランス美術絵画が展示されてます。ここに来ると、モディリアーニの《 ポール・アレクサンドル博士の肖像》  とかキスリングの《女性の肖像》あたりが楽しみです(写真下)。

Photo_mo

Photo_ki

ここで美術鑑賞を終了して、帰宅いたしました。
ちなみに、今回も600円のドニチエコきっぷを購入して、交通費を抑え、美術館で入場料を割引してもらいました。




| | コメント (0)

2019.06.17

豊田市美術館で「世界を開くのは誰だ?」を見る

Ph01_9

豊田市美術館で「世界を開くのは誰だ?」(300円:2019/6/1-6/30)を見た。豊田市美術館は改修工事のため2018年7月から休館していたのですが、改修が終わり、2019年6月1日から再開しました。そして再開記念で6月1日と6月2日は無料と聞いて、6月2日の日曜に名古屋経由で豊田市に行ってきた。

豊田市美術館は2014年9月から1年かけて改修したはずなんですが、再度、改修したらしい。理由は中日新聞の記事によると「工費の高騰により一部工事しかできなかった。このため残る部分の改修のため昨夏から再び工事に入っていた。今回は約十億八千万円を投じて、耐震対策を講じ、照明器具を発光ダイオード(LED)に切り替えた。防水対策も施して三十一日に一連の改修が完了する」とのことです。大変ですね。

展示は豊田市美術館のコレクションから150点を選りすぐって、「世界を開く」をキーワードに4つのテーマに分けて紹介する、というもの。4つのテーマは「身体」「日常」「歴史・記憶・社会」「まだ見ぬ世界」です。ざっと各テーマの意味と気になった作品についてメモしておきます。ちなみに展示作品は全て撮影OKでした。

第1章の「身体」を開く、では「19世紀末から現代までの人の体=『身体』をテーマにした作品を紹介します」とのこと。身体を表現すると一言で言っても、実際の表現は多種多様です。19世紀末の作品はムンクとアンソール、ロッソで、現代は塩田千春と加藤泉、坂本夏子、村瀬恭子、森千裕といったところ。ちなみに最初に目に入るのは塩田千春の《不在との対話》と加藤泉の《無題》(写真下)。

Ph02_10

エゴン・シーレの《カール・グリュンヴァルトの肖像》とかルネ・マグリットの《無謀な企て》とかもある。

Ph03_15
Ph04_9
それから、アルベルト・ジャコメッティの《ディエゴの胸像》もある。
Ph05_7

第2章は「日常」を開く。「私たちの身の回りの世界を形づくるさまざまな要素を見つめ直し、新しい見方や考え方を提示した作り手たちの表現を紹介します」とのこと。という文脈で会田誠の《あぜ道》(写真下)を見ると、冗談も新しい見方という気がしてきた。ただし、この冗談、技法的には相当に真剣なんだろうけどね。

Ph06_8

まあ、よりストイックな方向にいくと日高理恵子の《樹を見上げて I》のようになる。

Ph07_6

こういう表現もあるんだとうのは、秋吉風人の《A Certain Aspect》のMountain 1と2。絵具の塊で山を創っている。純粋に色が面白い。

Ph08_6

こちらも、気になった。アルマン(ARMAN)の《Click-Click Flub》。古いカメラを何かで木枠に固定した作品。

Ph09_5

第3章は「歴史・記憶・社会」を開く。この章では、美術だけどダークサイド的な作品を取り上げてます。「ここでは、当館がまとまりのあるコレクションを有するアルテ・ポーヴェラ(貧しい美術)と呼ばれる国際的な芸術動向や、現代日本の作家たちの作品を取り上げます」とのこと。ちなみにアルテ・ポーヴェラはイタリア語です。例えば下の写真の作品、マリオ・メルツの《廃棄される新聞、自然、蝸牛の体のうちに、空間の力として継起する螺旋がある》。

Ph10_5

こちらもアルテ・ポーヴェラ。ミケランジェロ・ピストレットの《ぼろぎれのヴィーナス》。

Ph11_3

村上隆の《R.P.(ランドセル・プロジェクト)》。ワシントン条約で取引が禁止されているタテゴトアザラシ、カイマンワニ、カバ、ダチョウなどの稀少動物の皮で作られたランドセルを展示する、という皮肉な作品。

Ph12_3

こちらは榎忠の《秘密基地 You're on call at the "HUSH-HUSH"》。

Ph13_3

山口啓介の《象の檻(青)》。たぶん沖縄の楚辺通信所のこと。これを見ていた年配の方が、これがどうして象の檻なのかと、つぶやいていたのが印象深い。

Ph14_3

第4章は「まだ見ぬ世界」を開く。抽象画の世界です。どういう抽象画かというと例えば、ルーチョ・フォンターナの《空間概念》。

Ph15

あるいは、この釘だらけの作品。ギュンター・ユッカーの《変動する白の場》。

Ph16

横から見ると下のようになる。

Ph17

日本の作家も負けてないですね。黒い絵です。村上友晴の《無題》。
Ph19
なんとなく、マットな黒なんですが、近づくと
Ph20
こんな感じです。

コレクションの幅の広さに圧倒されましたね。


 

| | コメント (0)

2019.06.12

千葉市美術館で「板橋区美×千葉市美 日本美術コレクション展 ―夢のCHITABASHI美術館!?」を見る

Ph01_8

千葉市美術館で「板橋区美×千葉市美 日本美術コレクション展 ―夢のCHITABASHI美術館!?」(200円:2019/6/1-6/23)を見た。プレス向けの資料によると「千葉市美術館と、改修工事で休館中の板橋区立美術館、2 館の古美術コレクションをご覧いただく、コラボレーション企画! もしも 2 館が合体した「CHITABASHI(ちたばし)」美術館」があったとしたら?というコンセプトのもと、1 度限りの自由な空間をお楽しみください」とのこと。板橋区立美術館は2019年6月29日にリニューアルオープンする。その直前に収蔵作品のなかで江戸期のものを中心に千葉市美術館に持ち込んだ企画です。テーマは以下の4つ。

・江戸琳派とその周辺:江戸琳派中心に明治の作品も取り上げるのだけど、宗達の作品も2つ展示。酒井抱一と鈴木其一そしてその後継者達。
・分類不能な個性派。板橋からは雪村、狩野典信、宋紫山、椿椿山。千葉からは鳥居清倍、懐月堂安度、渓斎英泉といったところ。
・幕末・明治の技巧派。岡本秋暉、渡辺崋山、柴田是真、小原古邨。意外なのは小原古邨の作品が千葉にあるところ。
・江戸の洋風画:秋田蘭画というか小野田直武、司馬江漢、亜欧堂田善、石川孟高。

とまあ、盛りだくさんです。江戸琳派の展示で、久しぶりに千葉の収蔵品で鈴木其一の《芒野図屏風》を拝見できたのが一番うれしかったのですが、 酒井抱一の《大文字屋市兵衛像》、其一と松本交山の共作《繭玉図》あたりが興味深かった。

《大文字屋市兵衛像》は板橋の収蔵品で、下の写真のような絵です。新吉原京町の高名な妓楼大文字屋の主、市兵衛の姿絵です。面白いのは、どう見ても抱一のタッチではないこと。浮世絵師西村重長による古版画の模写、というものらしい。なぜ模写かというと、 抱一は大文字屋市兵衛とは会ったことがなく、大文字屋市兵衛の息子とは親しかった、という背景があるらしい。

Ph03_14

もう一つ、《繭玉図》は一見地味なんです。右側にグレーの鳥居の柱があって、上の方に木の枝が括られていて、木の枝には白い繭が刺さっている。白い繭は餅を繭玉に見立てたもので、縁起物だそうです。そこを鳥居の裏側から、赤い目の白い鼠がのぞいてます。そして、鳥居の柱に「火之用心」の札がはってあるのだけど、この札が松本交山による書なんですね。松本交山は谷文晁の弟子で、其一よりは一回り年上らしいのですが、その当たりの交流が面白い。あと、この作品、個人蔵で、千葉とも板橋とも関係がないようなんですが、どうしてここに展示されているのかも気になる。

ちなみに、狩野典信による巨大な《大黒図》、宋紫山の妙にリアルで気味が悪い《鯉図》が印象的でした。

あと、作品の所蔵元も気になりました。作品リストに所蔵先が書かれているのですが、板橋区美と千葉市美以外のものがあって、「2 館の古美術コレクション」と謳っているわりにはちょっと違うなあと思うわけです。なんせ個人蔵もあるしね。これは、おそらく2つの美術館に寄託しているとか、地域的に関係が深いとか、そういうことがあるかもしれない。というわけで柏市にある摘水軒記念文化振興財団や嬉遊会コレクションは千葉美の関連団体で歸空庵は板橋美関連らしい。

余談ですが、板橋区美は建物の所にある、変な標語のようなモノが有名なんですが、それが1階の入口のあたりに飾ってありました。

Ph04_8

さらに、余談ですが、千葉市美術館が入っている建物は千葉市中央区の区役所でした。今回、行ってみたところ、区役所は移転したらしく、千葉市美術館が拡張されるようです。収蔵品はかなりあるはずなので、これらが常設として拝見できるようになるとしたら、なかなかいいのではないかと思います。

Ph02_9

| | コメント (0)

2019.06.03

初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「トム・サックス ティーセレモニー」を見る

Ph02_8

初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「トム・サックス ティーセレモニー」(1400円:2019/4/20-6/23)を見た。茶道を独自の解釈で再構築した作品展です。そこには茶室があり、盆栽があり、雪隠があり、鯉が泳いでいる。そして、自作した茶碗や茶筅、掛け軸、茶釜、花入れが並んでいて、かつそれらをコンパクトに収納する道具入れが展示されている。あと、実際の茶会の様子を短編映画にした映像の上映もある(写真上)。

この作品群をどう見ればいいのか、茶道をよく知らないので、分からないけど、純粋にその真剣さとか、ユーモアとかが感じられて、面白かった。確かに茶室はある意味、こういう質素なモノだし、池には鯉が泳いでいるしね(写真下)。

Ph01_7

Ph04_7

ちなみに、茶室のなかは下のようになります。0がふたつ表示されてますが、これは点茶前の30秒の瞑想をカウントするものらしい。

Ph07_5

こちらは茶道具。NASAマークのついた手びねりの茶碗が、ちょいっとかっこいい。

Ph06_7

Ph05_6

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »