« 国立新美術館で「クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime」を見る | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「メスキータ」を見る »

2019.07.22

森美術館で「塩田千春展:魂がふるえる」を見る

Ph01_20190722213801

森美術館で「塩田千春展:魂がふるえる」(1800円:2019/6/20-10/27)を見た。塩田千春は1972年大阪生まれの美術家、現在はベルリン在住。鍵とか靴とかを大量に集めて、赤いひもで結んで、靴は扇状に並べ、鍵は網状にぶら下げたりしたインスタレーションを見た覚えがある。まあ、圧倒的な感じです。とりあえず、写真撮影がOKでしたので、ざっと並べておきます。

まず、赤い網状の空間、タイトルは《不確かな旅》。

Ph02_20190722213801

一方、黒い網状の空間、《静けさのなかで》。黒い空間です。奥の方に見える白いドレスは《時空の反射》という作品。

Ph03_20190722213801

大量のトランクが赤いロープでぶら下がっている。そして一部、揺れています。タイトルは《集積:目的地を求めて》。

Ph05_20190722213801  

ミニチェアの家具、椅子とかピアノとかを赤い糸でつなげた作品。《小さな記憶をつなげて》。

Ph04_20190722213801

このほか、過去の作品、映像作品を含めた展示のほか、担当した舞台美術の映像なども展示してました。オペラなどの舞台美術で、網状の空間を使って作品があって、かなり面白い映像になっていました。オペラと現代美術の融合という感じす。

 

|

« 国立新美術館で「クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime」を見る | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「メスキータ」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立新美術館で「クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime」を見る | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「メスキータ」を見る »