« 東京都美術館で「伊庭靖子展 まなざしのあわい」を見る | トップページ | 三井記念美術館で「日本の素朴絵」を見る »

2019.08.21

水戸芸術館で「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」を見る

Pict01

水戸芸術館で「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」(900円:2019/7/13~10/6)を見た。大竹伸朗によると「「記憶」を通して意識的、無意識的(夢での光景など)、断続的に現れる「ビルのある風景」、それに付随する風景的イメージによる作品群を「ビル景シリーズ」とした」とのこと。基本的に抽象画だけど、抽象的な立体物もあるし、平面も大きな油絵から小さめのドローイングまである。そして展示点数は膨大で、会場で配布されていたリストを見ると606点になる。ちなみにこのリストは、「壁面・立体」と「机」に分けて作品をリスト化し、ナンバリングしているので、展示番号が同じモノがあり、最初は意味が分からなかった。「壁面・立体」は320点あり「机」は286点ある。

そして、ビル景シリーズを830点、時系列に収録した画集「大竹伸朗 ビル景 1978–2019」(税抜9800円)があって、この展示は画集のサブセットになっている。さらに、ちなみに会場で配布されたリストには「Cat. No」という項目があって、その番号は画集内の作品番号になっている。

ビル景シリーズは立体もあれば、平面もある。あっさりしたドローイングがあるし、ごってりとした油彩もある。ほぼ真っ黒なものから、パステル調の明るい色彩のものもある。そして短冊状の紙を貼った上に何かを描いているモノもある。手法的な共通点はあまりなく、なにかあるとすれば、作品のなかに四角い何か、つまりビルが描かれていることぐらいだろう。まあ、だからビル景シリーズなんだろう。

展示会場ではごく一部を除いて撮影可だったので、ざっと撮影してみた。その結果は以下のようなものだ。

Pict03

Pict04 Pict02

Pict06

Pict05

まあ、これだけバリエーションがあって、ほぼ40年間、断続的に描き続けているというは、驚きを超えて、不思議な感じがする。おそらく、キーワードは「夢での光景」なんだろう。夢なら毎日見ているし、おそらくは眠っている最中に複数の夢を見ているはずだから、それは膨大な数になるはずだ。というわけで、「ビル景シリーズ」は大竹の夢十夜のようなものなんだろうという、適当な結論にたどり着いて、安心しているところです。

 

|

« 東京都美術館で「伊庭靖子展 まなざしのあわい」を見る | トップページ | 三井記念美術館で「日本の素朴絵」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京都美術館で「伊庭靖子展 まなざしのあわい」を見る | トップページ | 三井記念美術館で「日本の素朴絵」を見る »