« 千葉市美術館で「目  非常にはっきりとわからない」を見る | トップページ | 東京都庭園美術館で「アジアのイメージ―日本美術の『東洋憧憬』」を見る »

2019.11.21

目黒区立美術館で「線の迷宮〈ラビリンス〉Ⅲ 齋藤芽生とフローラの神殿」を見る

Ph01_20191120220401
目黒区立美術館で「線の迷宮〈ラビリンス〉Ⅲ 齋藤芽生とフローラの神殿」(800円:2019/10/12-12/1)を見た。齋藤芽生(さいとうめお)は1973年生まれの画家。現在は東京藝大の油画科の准教授です。IIIとあるように「線の迷宮」とした企画展は3回目で、最初が2002年の細密版画、次が2007年の鉛筆画だったそうだ。どちらもモノクロな感じですが、今回はかなりカラフルです。ちなみに「齋藤芽生とフローラの神殿」とあるのは、画家の齋藤芽生の作品と19世紀植物図鑑の名作《フローラの神殿》の2つのシリーズを展示しているということなんですが、行って実際に見るまでよく分かりませんでした。

《フローラの神殿》は多色刷りの銅版画で、植物図鑑ではあるのだけど、普通の植物図鑑のように植物単体が描かれているのではなく、植物が育っている自然環境と共に描くというのがユニークなところです。まあ一種の風景画というか、自然環境で描いた植物のポートレイトという感じ。

一方、齋藤芽生の絵は細密でおどろおどろしいというかダイナミックな色使いです。展示は花、窓、旅をテーマに3つのパートに分かれていて、最初の花のところに齋藤作品と《フローラの神殿》 が展示されている。花のパートにあるのが下の写真の作品。タイトルは《徒花園》。

Ph02_20191120220401
この中で、右端にある作品をクローズアップすると下のようになります。タイトルは《毛玉鶏頭》。

Ph03_20191120220801

ほかの作品も、なかなかおどろおどろしく、いい感じです。なんとなく、タイトルの付け方とか、作品に付随する長めのテキストとか、あるいは連作の立て付けとか、赤瀬川原平さんの作品を思い出すのですが、うまく説明できない。

 

|

« 千葉市美術館で「目  非常にはっきりとわからない」を見る | トップページ | 東京都庭園美術館で「アジアのイメージ―日本美術の『東洋憧憬』」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉市美術館で「目  非常にはっきりとわからない」を見る | トップページ | 東京都庭園美術館で「アジアのイメージ―日本美術の『東洋憧憬』」を見る »