« 府中市美術館で「青木野枝 霧と鉄と山と」を見る | トップページ | アーティゾン美術館で「開館記念展 見えてくる光景 コレクションの現在地」を見る »

2020.01.20

東京国立博物館で「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」を見る

Ph01_20200110222801

東京国立近代美術館で「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」を見た(1200円:2019/11/1-2020/2/2)。YKKが設立した窓研究所と協同して企画したものらしい。アートは窓をどのように描いてきたか、あるいはどうように利用してきたか、というのがテーマなんでしょう。

話題が多くて、見ている側としては整理がつかない感じもするけど、そこそこ面白かった。例えば、東北大学 五十嵐太郎研究室が作成した美術と建築と技術の3つの軸で構成した年表(写真下)。日本でガラスが一般的に使われるようになったのは19世紀とか。でも、この年表をじっくり見ているわけにもいかない。図録を買って見ることにした。

Ph03_20200110222801

前半では主に近代までの絵画と写真で扱う窓をテーマにした作品が並ぶ。この当たりの展示で面白かったのは以下の3点。

・19世紀初頭に大判ガラスの工場生産が可能になって、そこで製造されたガラスが近代化の進むパリのショーウインドウに使われる。

・ウインドウ・ショッピングがそこから始まる。ウジェーヌ・アジェやロベール・ドアノーのパリの写真に現れる。

・マティスやボナールが繰り返し窓を描く。バルコニーに立つ女と大きな窓といった感じ。

といったところ。

このほか気になった作品ですが、以下に列挙しておきます。

「窓からのぞく人 1」という1930年代から1940年代の出来事を扱う4人のアーティスを扱ったパートで見た林田嶺一の作品。下の作品はタイトルが《キタイスカヤ街のとあるレストランの窓》。2001年の作品です。林田嶺一(はやしだれいいち)は1933年に旧満州国で生まれの美術家。独学で絵を描き続けてきたが、2001年のキリンアートアワードで優秀賞を受けてから脚光を浴びるようになった、とのこと。この辺の経緯は美術手帖のWeb版に掲載された「櫛野展正連載29:アウトサイドの隣人たち 「死んだふり」の流儀」に詳しい。

Ph02_20200110222801

下はズビグニエフ・リプチンスキの《タンゴ》の1シーン。1980年のビデオ作品です。窓の開いた部屋に窓から子供が飛び込んできて、これを発端に、次から次へといろんな人々が全部で36人出入りするものです。1980年の作品ですからアナログのフィルムです。どうやらすべて別撮りしたあと、フィルムを切り貼りして合成したものらしい。これが8分超の作品なんですが、本当に驚異的です。飽きずに見入ってしまった。ちなみにタイトルの《タンゴ》はタンゴの競技会で互いにぶつからずにダンスを繰り広げるダンサーのようだ、という意味らしいです。 

Ph04_20200110223001

そして「窓の光」というパートで紹介された山中信夫とホンマタカシの作品。どちらも巨大な写真です。それもピンホール写真。

山中信夫は1972年からピンホール・カメラによる作品制作を始めて、1982年に急逝した美術家。山中のピンホール写真は部屋そのものを暗箱にして、壁とか窓にピンホールを作って、壁面に写った映像を写真製版に使う「リスフィルム」に感光させるというものです。そして、その手法をホンマタカシが現代に再現して作品を制作しています。「ホンマタカシの換骨奪胎」(新潮社:2200円)という本があるんですが、そこでホンマタカシがその過程を解説していたので、話しには聞いたことがあるけど、実物を見たのは初めてでした。

山名の作品はかなり大きい。244×254cmで20枚の印画紙を組み合わせたものです。下の写真は《ピンホール・ルーム3》というタイトルで1973年の作品です。

Ph06_20200110222801

下はホンマタカシの作品。こちら100×106cm。タイトルは《Camera obscura - thirty six views of mount fuji Shinjuku》、2017年の作品です。

Ph07_20200110222801

下の作品は、ゲルハルト・リヒターの作品。リヒターは画家ですが、こちらは立体物です。タイトルは《8枚のガラス》。2012年の作品です。大きさは230×160×378cm。図録の説明によると「約35%は鏡のように像を映し、65%は向こう側が透けて見えるという特殊なガラスを使用している」とのこと。

Ph08_20200110222801

写真を撮ると、下のように撮影している側が映り込みます。万華鏡のようで、かなり不思議な感じです。

Ph11_20200110222801

図録は平凡社から「窓展 窓をめぐるアートと建築の旅」(税別2500円)として発売されてます。

 

 

 

|

« 府中市美術館で「青木野枝 霧と鉄と山と」を見る | トップページ | アーティゾン美術館で「開館記念展 見えてくる光景 コレクションの現在地」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 府中市美術館で「青木野枝 霧と鉄と山と」を見る | トップページ | アーティゾン美術館で「開館記念展 見えてくる光景 コレクションの現在地」を見る »