カテゴリー「Apple Music」の記事

2015.09.20

Google Play Musicを試す:アップロード終了したけど謎が多い

 前の記事(Google Play Musicを試す:iTunseの音楽ライブラリをそのまま使えます)で書きましたが、とりあえずアップロードが終わりそうで、ちょっと安心したのですが、どうもいくつかエラーがでて、いくつかのファイルがアップロードできない、というメッッセージがでていました。最終的には、「466曲アップロードできませんでした」というメッセージが表示されました。

Ggmp_a

 「466」という数字のところをクリックすると、その具体的な内容が現れる。

Ggpm_error

 でまあ、驚くんですが、なんと楽曲データではなく、iOSのアプリケーションのファイルをアップロードしようとして、サポートされない形式ですと、メッセージを表示しているんです。そりゃあそうでしょう。そういうのが331ありましたとさ。それくらい、判断できそうなものですがやってくれません。

 このほか、DRMがあるというのが121曲です。なんとなく、古い曲が多いです。iTunes Musicは、確か2012以降からDRMフリーになっているので、それ以前に購入して、ほっておいた楽曲データということでしょう。たしか再度ダウンロードするとDRMフリーになるはずだから、気が向いたら、こつこつやってみようかと思います。

 これくらいは自分で何とか出来るはずなので、いいんですが…。クラウドにアップロードされた自分のライブラリなるものを見てみると、かなり笑えます。アーティストでまとめたページをよく見てみると、アーティストのアイコンとして割り当てられている画像が変で、クリックして各アーティストのページを見てみると、名前が近い(例えば名字が同じ)んだけど、基本、別人のページだったりします。まあ、分析するのが手間なので、細かなことは後ほど書くんじゃないかと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.14

Google Play Musicを試す:iTunseの音楽ライブラリをそのまま使えます

 Apple Musicは当初の期待を裏切って、プレイリストはつまらないし、日本の音楽は特に聴きたいものが少ないし、インディーズっぽいので面白いのがあったけど、結局、聴きたいのは買ってしまうので意味ないし、ということで解約の手続きをいたしました。

 そこでって訳でもないが、Google Play Musicが始まったので、先週から試している。スペック的には聴ける楽曲数の桁が違うし(Apple Music 数百万曲、Google Play Music 3500万曲)、ロッカー機能と呼んでいるクラウドに手元の楽曲をすべてアップして、ネット経由で聴けるサービスも、登録できる楽曲数が最大5万曲と十分だし、アップロードされる曲は320kbpsと高音質。それもiTunesのライブラリをアップロードして使えるという画期的なもの。iTunesを捨てずにサービスを利用できるというのは、すばらしい。

 ちなみに、Apple Musicにロッカー機能に相当する機能はなく、別のサービスであるiTunes Matchが対応する。こちらは年間3980円だ。iTunes Matchは今のところiTunes Storeから購入した場合はカウントしないが、CDなどからリップしたものなどは最大2万5000曲アップできるとしていた。まあ、増えるという話もあるようだが、Google Play Musicは5万曲なので十分である。あと音質はApple MusicもiTunes Matchも256kbpsのAACで、ここも負けてます。まあ、どこを見ても仕様的にはApple Musicは足下にも及ばない。Google Play Musicは十分に魅力的だ。

 まずは1カ月のお試しに登録。10/18までに登録すると、通常980円を月額780円で利用できるので、まずは登録する価値はある。

 で、使ってます。ロッカー機能が問題でしたが、1週間たって、解決策がわかって、ほぼ問題なく使えそうです。ロッカー機能の問題は、楽曲のアップロード。iTunesの音楽ライブラリには2万曲以上あるので、iTunes Matchのときも、とても時間がかかって苦労しました。やはり1週間かけてGoogle Play Musicは9000曲しかアップできず、ちょっとあきらめていたところ、Google検索で「google play music アップロード 止まる」と検索したところ解決作が分かりました。検索結果から「Google Play ミュージック マネージャの使用に関する問題 」というのを選んで「曲のアップロード中にミュージック マネージャが停止する」を選択して、内容を読むと、どうやらWebブラウザーの拡張機能を使ってアップするには限界があって、アプリケーション版の「ミュージック マネージャ」を使って方がいいらしい、というのが見えてきました。

Ph01

 でまあ、ダウンロードして、インストールして、準備してみたところ、順調です。ちなみにダウンロード用のリンクは上で説明した「曲のアップロード中にミュージック マネージャが停止する」の手順4にあります。インストールすると「システム環境設定」のなかに収まるようです。

Ph03

 アップロードできない曲もあるようですが、あとで確認してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.11

Apple Musicはミュージシャンを検索すると使い方が見えてくる

 相変わらず、よく分からないApple Music。でも分からないなりに楽しんで聞いてます。最も面白いのが「For You」のプレイリストで、毎日、増えてくる。先ほど見たら「日曜の朝に聞きたいフォーク」というのが追加されていた。ボブ・ディランの「Girl from North Country」から始まる13曲。なかなか趣味がいい。なじみのないミュージシャンも5人いて、新たな出会いがありそうです。

 もう一つ、気になるのがRadio。beat1もいいんだけど、あまり好みではない音楽がオンエアされていることもある。なんとかなんないかと調べたら、Tumblrのアップル公式サイト(http://applemusic.tumblr.com/)にbeat1の番組表があることが分かりました。そこをチェックしてから聞くようにしてます。

 それよりも、ミュージシャンごとのラジオがあって、そちらの方がよりピンポイントに好みの音楽が聴けます。最初はこの探し方がよく分かりませんでした。あるとき、曲名の右横にある「…」をクリックしたらメニューがぱらりと表示されました。下の画像のような感じです。

New_station

 そのなかに「アーティストから新規ステーション」という項目があってそれを実行したら、アーティストの名前が付いたラジオ局ができあがって、そのアーティストに関連する楽曲がストリーミングさらるようになりました。いろいろ試した結果、「Radio」のタグの下にアーティストごとのステーションができるようになりました。

Radio

 ちなみに、このなかに「原田義雄ラジオ」というのがあるんですが、「原田知世」さんのところで「新規ステーション」を実行したら、できあがりました。いらないのですが、消すことができません。まあ、試行錯誤した結果、iTunesの検索窓でアーティスト名を入力して、結果を見るのが一番良さそうです。

 下の画面は「ビョーク」で検索したところ。検索結果の見方ももう一つ、よく分からないのですが、アルバム、曲、プレイリスト、ミュージックビデオ、アーティスト、ステーションがわかります。このステーションで画像付きのステーションがあれば、その画像を選択して「▶」をクリックすると再生が始まります。

Byouk1

 アーティスト名で検索すると、そのアーティストについて、どういったコンテンツがあるかが分かる。ただし、意味不明な部分も多い。例えば、ステーションとして、選択可能な項目はあるけど、画像がない場合は、何も再生されない。また画像があっても何の反応もない場合や、再生される曲が、的外れだったり、極端に曲数が少ないことがある。つまり、まだ構築中という感じだ。

 いずれにしても、アーティスト名を検索するだけで、利用できるコンテンツが分かり、同じアーティストについてiTunes Storeで購入できる楽曲と比較すると、どんな契約になっているかが想像できる。例えばビートルズの楽曲はiTunes Storeで購入できるけど、Apple Musicで検索すると、カバーソングしかでてこない。その辺がどこまで整うかで、お試し期間を超えて、実際にお金を払うかどうかを決めることになるでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.04

Apple Musicがよく分からないけど、とりあえず解除の方法は分かった

 Apple Musicの3カ月無料お試しが始まった。当然、試しているし、楽しんでいるのだけど、よく分からないところが、そこそこある。まあ、謎は謎のままでも楽しめるのだけど、全く納得できないので、とりあえずまとめておく。まずは解除の方法。

 その前に、用語に違和感がある。Apple Musicに申し込んで、使い始めてすぐに以下のメールが届いた。

Confirm

 メールの件名は「Apple Music個人メンバーシップ 購読開始のお知らせ。」です。まあ件名の最後にターミネーターとして「。」が付いているのも違和感があるけど、「メンバーシップ 購読開始」ってのが気になる。おそらくは「subscription=購読」ってことだろうけど、ほかに言葉はないのか? 私は音楽を聴くのであって読みはしないのだよ。それから、「購入日」が「2015/6/30」ってのも気になるなあ。7月1日に申し込んだのだけど、米国時間に変換されている、らしい。

 ちなみに、このメールを受け取って、読んだときに「購読の管理」というリンクをクリックしたら、iTunesに切り替わり、下の画面を表示した。

Edit

 この画面で、3カ月後に継続して使うかどうかを指定できる。でも、この画面にリンクをクリック以外の方法で、どうやって行けばいいのかよく分かりません。まあ、このメールは大切に保管しておくことにしました。

【追記】
解約の方法ですが、下記のページで解説されてます。
Apple Music メンバーシップを管理する
https://support.apple.com/ja-jp/HT204939

| | コメント (0) | トラックバック (0)