カテゴリー「神奈川県民ホールギャラリー」の記事

2019.03.03

神奈川県民ホールギャラリーで「META−日本画のワイルドカード」を見る

神奈川県民ホールギャラリーで「META−日本画のワイルドカード」(無料:2019/2/20-2019/3/3)を見た。「日本画のワイルドカード」という表現が興味深く、そしてグループ展らしく、市川裕司や金子富之、竹内啓といったかつて作品を見たことのある画家の名前があったので、横浜までいってみた。

ちなみに、知らなかったのですが、METAというのは画家のグループらしく、そのサイトにある説明では「“META”は、「無秩序の、世代を超えた、独自の、変容する」という意味を示します。日本画を踏襲したアーティストたちが、META的な思考と表現をもって日本画の枠組みを超えた新しい芸術理念を探求しながらも、その素材や伝統に敬意を表した作品の展示を目的としたグループです」とのこと。たしかに画家のプロフィールを見ると、だいたいが美大で日本画を専攻してます。

ワイルドカードという表現については、サイトで「本展の副題である「ワイルドカード」は、カードゲームにおいてどのカードにも代用できる万能札の意味を持つ言葉です。これまで日本画の定義をめぐり数多くの議論をされてきましたが、明確な答えを見出せずに今日に至っています。言い換えれば、日本画という言葉は、時代ごとに異なった意味で代用されてきました。その様は、まさに美術というゲームにおける「ワイルドカード」と言えるのではないでしょうか」としています。この辺は、まあそうかな、とも思いますが「時代ごとに異なった意味」とは具体的にはどうなんだろうね。知りたいところではある。少なくとも、今の日本画の定義は画材として日本特有の素材を使うぐらいしかないように思えるが、今回、展示された作品を見ると、ほぼ、何らかの日本画の画材を使用してように見えますが、そうでもない作品もあるようです。

撮影はOKでしたので、気になった作品を掲載しておきます。

まず、吉田有紀の作品。タイトルは《カオスとコスモス》。黒い板で囲われているその中は赤い。素材はラッカーとかアクリル絵具なので、日本画的なモノはないように見えますが、漆のような印象があって、日本的なモノを感じます。

Ph02_yoshida6_1

Ph02_yoshida6_2

次は竹内啓の《藤内#4 PM5:55 14/AUG 2018》。抽象画ですが、素材は日本画のモノです。日本画の画材を使わないとこういう抽象画は描けない気がする。

Ph03_takeuchi

こちらは唯一の立体作品。市川裕司の《Japanese Tree III》。球体の内側にアルミ箔が貼ってある。そして中におそらくLEDが仕込んであって、そこに反射しているようです。市川作品は太田市美術館・図書館で拝見したけど、そのときは《世界樹IV》という作品を見たけど、どう関係するんだろうか? ちなみに、この作品は中が覗けます。

Ph04_itikawa


佐藤裕一郎の《koivumaisema》。フィンランド語で白樺のことらしい。「紙に石墨、胡粉」とあるので、確かに日本画なんでしょう。この絵は300×780cmと巨大で、目の前にあると、つい見続けてしまう。

Ph06_satou


金子富之の《摩醯首羅王》。この作家の作品を見るのは3回目。最初は2016年の「19th DOMANI・明日展」(レビュー記事はこちら)で、その次が2017年の「詩情の森 語りかたられる空間・オープンシアター2017」(レビュー記事はこちら)。日本画の画材でヒンドゥー教の神様を描いているような感じ。

Ph09_kaneko9


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.08

神奈川県民ホールギャラリーで「5RoomsII ― けはいの純度」を見る

Ph01

神奈川県民ホールギャラリーで「5RoomsII ― けはいの純度」(700円:2018/12/17-2019/1/19)を見た。神奈川県民ホールギャラリーの5つの部屋を使い、1部屋1作家で計5人の作品を見せるという展示です。IIとあるように「5Rooms」の2回目。1回目は「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」として2016年12月から2017年1月まで開催されました(そのときのレビューはこちら)。1回目の企画展が、ほとんど知らない作家の作品ですがなかなか面白かったので、今回も行ってみました。

参加する作家は、髪の毛を材料にして作品を制作する和田裕美子、鹿の角や骨を彫って草花の彫刻をつくる橋本雅也、石や干からびた植物などの自然物や自然現象をモチーフに木彫作品を制作する七搦 綾乃(ななからげ あやの)、像楽家あるいは生像作家のスコット・アレン、紙テープを使った巨大なインスタレーションを展開した大西 康明。今回は2部屋目の橋本雅也の作品が撮影不可でしたが、他の方々は撮影OKでしたので、気になった作品を紹介します。

最初の部屋にあるのが和田裕美子の作品。髪の毛を使ってレースのように編み、立体物を作成してます。下の作品は《garden》。髪の毛ということを知らずに見ても、面白いのですが、髪の毛ということを知ると少しぞっとします。
Ph02

こちらは《tree》。大きな作品です。髪の毛だけで作られています。
Ph03_2

2つ目の部屋は橋本雅也の作品で、暗い部屋にスポットライトで作品が照らし出されています。鹿の骨のほか、カゴノキという木材を使った作品が、並んでました。全体的に繊細。モノクロームの世界。

3つ目の部屋は七搦 綾乃の作品が並んでます。木彫で樟とか桂を使ってました。下の作品は樟を使ったものでタイトルは《血のつながった雫 I~IV》。それぞれ1mの長さで、人の足に見える。

Ph04

こちらは、《rainbows edge VIII》。うつ伏せになって横になっている人の上に布を掛けた感じ。妙に骨のようで、ミイラのようで、人のようで、という感じです。

Ph05

4つ目の部屋がスコット・アレンの《\Z\oom》。ズームと読むらしい。レーザー光を使ったインスタレーションです。24mの長さで幅3.5mの長い廊下、といったスペースを天井に取り付けられた、レーザー光ユニットが移動しながら、いろんなモノにレーザー光を反射させるというもの。12分で一通り拝見できます。

Ph06


Ph07

最後の5つ目の部屋が大西 康明の《tracing orbit》。一番広い部屋で、階段付きです。この部屋にはいったとたん、なんとなく言祝がれている感じ。色つきの紙テープが舞っています。

Ph08


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.15

神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」を見る

神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」(2016/12/19-2017/1/21;700円)を見た。神奈川県民ホールギャラリーの5つの部屋を使い、1部屋1作家で計5人の作品を見せるという展示です。参加する作家は陶芸の出和 絵理、漆を使った作品を手がける染谷 聡、写真家の齋藤 陽道、シルクスクリーンの技法を駆使した抽象作品を手がける小野 耕石、廃材を素材にしたインスタレーションを仕掛ける丸山 純子。私が見たことがあるのは、写真家の齋藤陽道ぐらいでしたが、齋藤陽道の作品が拝見できるならいいか、という感じで神奈川県民ホールギャラリーに行ってみました。場所はみなとみらい線の日本大通り駅と元町中華街駅の中間より少し日本大通り駅寄り、といったところ。ちなみ神奈川県民ホールギャラリーを訪れるのは、昨年、鴻池朋子展「根源的暴力」を見に行って以来だから1年ぶりです。

最初の部屋が、陶芸の出和 絵理 の作品で下の写真のようなシンプルな展示。

Ph01jpg

ぱっと見たところ、紙かなと思ったのですが、白い磁器とのこと。近寄ってみたのが下の写真。

Ph02jpg

上からの白色の照明がかっこいいです。

次が、染谷 聡の漆を使った作品。その辺に落ちている小枝とか木片、石などを漆でつなげ合わせて装飾した作品。

Ph03jpg


3番目の部屋が小野 耕石の作品。暗い部屋の中で作品にスポットライトをあてた演出です。

Ph04

作品はシルクスクリーンで100回ほどインクを刷り重ねたもの。100回刷り重ねると数mmのインクの柱を形成する。上から見ると下のようになる。抽象画に見えますが、シルクスクリーンです。

Ph05jpg

拡大すると分かるけど、ドットの集合体なのです。

Ph06jpg

ちなみに、立体物にこの色の柱を並べた作品もありました。動物の頭蓋骨を装飾してます。

Ph07

4番目が齋藤 陽道の作品。3面ある画面に写真を投影してます。途中から次のスライドと重ね合わせて投影するので、かなり不思議な映像が現れます。

Ph08

最後が丸山 純子の作品ですが、部屋は一番広く、天井が高い。

Ph09

廃油石けんや廃木材などを用いたインスタレーション、とのこと。難破船という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.17

鴻池朋子展「根源的暴力」を神奈川県民ホールで見る

Kanban

 神奈川県民ホールギャラリーで鴻池朋子展「根源的暴力」(2015/10/24-2015/11/28:700円)を見た。上の写真が看板です(高解像度版はこちら)。鴻池朋子の個展を見るのは久しぶり。2009年に東京オペラシティギャラリーでやっていた「鴻池朋子展 インタートラベラー 神話と遊ぶ人」を見て以来です。インタートラベラーは「地球の中心への旅」という胎内めぐり的なテーマで設計された展覧会で、展覧会そのものが作品となっているものだった。その後、鴻池は出身地である秋田で主に活動していたように見えた。

 「2009 年の東京オペラシティの大規模な個展『インタートラベラー 神話と遊ぶ人』から現在に至るまでの6年間、そして 3.11 の震災から私は、明らかに変容する自身の身体感覚と日本人全体の意識の変化を敏感に感じとり、積極的に美術の外に移動し、東北の山村を歩き、人類学、民俗学、考古学の方々と対話し、中心から周縁にある物語を丁寧に収集する旅をしてきました。そして現在も人間と野生の境にある秋田県森吉山避難小屋での『美術館ロッジ』や、歴史には記されない現代の民俗を記録する『物語るテーブルランナー』プロジェクト、一方、開発と地形の問題からパブリックアートの制作を続けています」(今回の展示に合わせて公開された鴻池のステイトメントから)とのこと。

今回の「「根源的暴力」は「人間が地上に出現し、言葉を獲得し、山を出て文化を形成した素朴で力強い場所まで立ち戻り、なぜ人間は自然を侵犯し文明をつくるのか、その根源的暴力について、ものをつくるたった一人の手から考えます」ということらしい。

 インタートラベラーではふすま絵とか、キャンバスに描いていたけど、今回は牛の皮に描いている。それも大きいもは20mを超えている(写真下:高解像度版はこちら)。形はマントのようで、そういえば、あちこちに皮のマントをかぶった子供らしきモノが置かれていた(写真下:高解像度版はこちら)。

Hall2

Child2

 神奈川県民ホールギャラリーは変わった構造で、展示のほとんどが地下にあり、天井の高い大きな部屋がメインにの会場になっている。この部屋の周りの広めの廊下にも展示がある。メイン会場は下の写真(高解像度版はこちら)ようになっていて、階段があって中2階のような場所があり、ここにも展示がある。この天井の高さはちょっと変で、どうやら地下1階と地上の1階を吹き抜けているようだ。

Hall

 まあ、ギャラリーとはいっても、この天井の高さはなかなか素晴らしく、今回の巨大な皮の作品もうまく展示できていた。ライティングも良かったしね。ちなみに、この展覧会のカタログは羽鳥書店が制作中とのこと。とりあえず予約しておきましたが、羽鳥書店のサイトには情報がないので、どうなるのか気になるところではあります。

追記
 ここからはカタログについて、11月28日に追加したテキストです。

 たしか今月中に送るとか、言っていた気がする「根源的暴力」のカタログですが、本日11月28日に羽鳥書店さんから届きました。実は期日通り届くとは期待してなかったので、ほとんど忘れてましたけど…。経験上、予約販売する展示会カタログって予定を大幅に遅れるのが普通なので…。ご苦労様です、羽鳥書店さん。プロの仕事を見せていただきました。

 調べたら羽鳥書店さんのサイトにもページができてました。さらにゆうとアマゾンでも「根源的暴力」の予約が始まってました。お値段は2800円+消費税です。会場の予約販売ではなぜか消費税がつかなかったので消費税224円、得しました。

 封筒を開けたら、ビニールにはいった本とお礼状らしきものがありまして、ビニールから出すと以下のような感じでした。

1

 この、「ありがとう!」って手書きは鴻池画伯のものですよね。家宝にします。で、本の外観は以下のようになります。

2

 横長です。A5判変型(130×210mm)、 並製で152ページ。本をひらくと表2見開きに、著者のサインが…。

3

 本になにか挟まってます。

4

 開くと、以下のようになります。


5

 付録の「皮緞帳」作品 八つ折り、です。展示会場にあった一番大きな皮の作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)