カテゴリー「iPad」の記事

2019.04.06

iPad mini5が届いて準備完了

4月2日にAppleからiPad mini5が届いた。

そこでやることは
1.iPad mini4からデータとアプリを移行する
2.SIMカードを購入してインストールする
3.Apple Pencilを使う環境を整える
ということになります。

まず、データの移行。アプリケーションのパスワードなどのデータもあるので、いったんパソコン上でiTunesにmini4をバックアップして、mini5にリストアすることにしました。iTunesで「バックアップ」の設定で「このコンピュータ」を選んで「iPhoneのバックアップを暗号化」を選んでおきます。こうすることで、アプリ固有のIDとパスワードも持っていけます。

「バックアップを暗号化」にはそこそこ時間がかかるのですが、一応、mini5が到着する前日に仕込んでおきました。mini5が到着したら移行開始。久しぶりの機種変更なのですが、とても簡単でした。新機種の画面に現れた、モヤモヤした模様を撮影するだけで、大まかなところはできてしまった。そこから、iTunes経由でバックアップしたデータをリストアします。まあそこそこ時間はかかります。

SIMカードはmini4で使っていたSIMカードを流用しようかと思ったのですが、追加購入しました。mini4はバックアップ用にとりあえず、手元に置いておくつもです。OCNモバイルを利用してますが、OCNモバイルでは一つのアカウントで複数のSIMカードを扱えるので、そのサービスを利用します。ちなみに、追加の申し込みから入手まで3日かかりました。まあ、そんなもんでしょう。

これと並行して、Apple Pencilの扱いについても考えましたが、まずはケースにいれて持ち歩くことにしました。Apple Pencilのアクセサリで、Lightningケーブル 経由で充電するための変換アダプタとか、ペン先の替えがあるので、それらも含めて収納しておくのが目的です。ケースはアマゾンで「Apple Pencil ケース Aunote Apple iPad Pro Pencil収納ケース」というのを買いました。お値段は1280円。併せて「Apple Pencil 専用 キャップカバー Qosea ペン先カバー アダプタ連接用カバー シリコン 紛失 落下防止 超軽量 3点セット(ホワイト) 」というのも購入しました。Apple Pencilでやっかいなのは、充電やペアリングのために後ろのキャップを外して、Lightiningコネクタ を出すのですが、外したキャップが明らかになくしやすいというところ。それを解決する製品です。お値段は430円。

とまあ、ようやく持ち歩けるようになったので、通信速度など、諸々試してみたいと思います。

| | コメント (0)

2019.04.01

iPad mini5のSIMフリーモデルを注文しました

2015年9月にiPad mini4のSIMフリーモデルを買って今まで使ってきました(購入時の経緯はこちら)。まあ、iPad miniはアップル的には忘れられた機種となりそうだったのですが、なんとか持ち直して、2019年3月18日に発表。新機種はだいたい年に1回は登場してほしいものですが、3年半ぶりのリニューアルです。現在使っているiPad mini4は使えるのだけど、128GBと、今となっては容量が足りない点が不満なんです。

というわけで、3月19日に早速「Pad mini Wi‑Fi + Cellular 256GB 」を注文しました。お値段は7万7800円。ついでにApple PencilとiPad mini Smart Coverも注文して、こちらは3月21日に到着。肝心の本体は購入当初は「2019/04/03 - 2019/04/08」としてましたが、2019/4/2到着予定とのことです。

とりあえず、iPad mini4と5の仕様上の違いをまとめておくと、以下のようになる。
・CPUは最新のA12/M12でmini4より最大3倍高速
・ストレージは256GBと2倍
・ディスプレイは解像度は変わらないけど色域が広くなり、ホワイト・バランスの調整機能「True Tone」を備えた
・カメラはメインは変わらないが、インカメラが1.2Mピクセルから7Mピクセルへ。動画撮影が720pから1080pへ
・通信は「ギガビット級LTE」対応で下り通信速度が「1Gbps」相当とのこと。4本のアンテナを利用する「4×4 MIMO」に加え、複数チャネルを束ねて周波数帯域幅を広げる「4CC CA」や「5CC CA」などを組み合わせて実現しているらしい。
・Bluetoothは4.2→5.0
・eSIM対応
・Apple Pencil(第1世代)使用可能
・重さはWi‑Fi + Cellular で304g→308.2gに増えた

| | コメント (0)

2015.09.21

iPad mini4のSIMフリーモデルを購入

 iPad mini2をこの1年半、使ってきました。いろいろと問題のある機種ですが、大きさが持ち歩きにちょうどよく、ノートパソコンはなくても大丈夫だけど、メールの返事とかExcelのシートを見たりはする、といったときに重宝してます。

 

 iPad mini2はSIMフリーの機種で、香港からの並行輸入品です。購入は2014年4月。なかなか日本国内でSIMフリーのiPad miniが出荷されないので、業を煮やして、購入しました。当時の購入価格は16GBモデルで6万4500円。たまたま、永久不滅.comのポイントが山のようにたまっていたことに気が付き、そして、そのポイントがいいレートでamazonのギフト券に変換できることが分かったもので「海外版SIMフリー iPad mini」を購入してしまいました。

 

 海外版SIMフリーモデルでも、日本で使えるように「技適マーク」もついているし、どうやらサポートも普通に受けられるらしい、ということでためらうことなく購入。OCNモバイルONEのSIMを申し込んで、使っている。ちなみに、格安SIMとか言われているMVNOの大手「OCNモバイルONE」ですが、物価の優等生って感じです。2014年4月に972円で1日50MBというコースを選択したのだけど、値段はそのままで、1日110MBにまで使えるようになりました。その日に使いきれなかった通信容量は翌日に持ち越せるので、ほとんど不自由しなくなりました。

 

 iPad mini2の欠点は、画面がアップルのいうところの「フルラミネーションディスプレイ」にはなっていなかったこと。フルラミネーションディスプレイとは、ダイレクトボンディングとも呼んでいるもので、液晶ディスプレイと感圧センサー、一番外側のガラスを隙間なく組み合わせることで、乱反射とかを防いで、見やすくする工法です。mini2はかなり画面の映り込みが激しく、結局、反射防止のフィルムを貼ることになりました。あと、指紋認証に対応していないので、iPhone 5sは指紋認証だけど、mini2はコード入力というのが面倒でした。使おうと思ったら、つい親指をボタンのところにおいて、しばらくしてから、mini2は指紋認証じゃないことに気が付く、という感じで、そこそこ時間を無駄にしました。

 

 でまあ、2014年7月にiPadのSIMフリーモデルが登場して、16GBモデルが5万1800円と香港からの並行輸入品よりも1万2700円安かったのは、多少ショックでした。まあ、そんなこんなで、便利に使ってきました。iPad miniの系列はなくなるとか、言われてきましたが、まあそれもしょうがないけど、このmini2を壊れるまで使う気になってました。実際、指紋認証を追加しただけのmini3なんかを見ているとアップルのやる気のなさが、ビンビン伝わってきました。

 

 で、9月9日です。なんと、さらりとiPad mini4が発表されました。実はiPad Proに気をとられていて、その場では気が付かなかったんですが…。それも最初からSIMフリーモデルが購入できます。というか、Apple StoreではSIMフリーモデルしか購入できません。まあ、別にキャリアから購入する気はまったくないので、SIMフリーで128GB版を購入しました。合わせて、SIMは「OCNモバイルONE」をamazon.co.jpから購入。今回はSMS付きの「OCN モバイル ONE 【SMS対応】 ナノSIM」という製品にしました。お値段は1221円。SMS対応にしたのは、災害時も含めた何かのときの通信バックアップとして、必要を感じていたからです。iPhoneに比べるとバッテリーの容量が大きいので、何かと便利なはずです。あとApple製のケースも購入したので、合計約10万円となりました。

 

 さて、mini4は9/17に到着しました。当然かもしれませんが、iOS 9がプリインストールされてました。アプリをインストールするのに少し時間がかかりましたが、翌日にはSIMも入れて、普通に使えるようになってました。

 

 mini2からmini4にアップグレードしてよかったのは、まず、見やすさでしょう。「フルラミネーションディスプレイ」になって、映り込みが気にならなくなりました。mini2のようにフィルムを貼る必要は感じません。そして指紋認証も使えるので、iPhone 5sとの違いもほぼなくなりました。これだけでも、十分に買い替える価値はあります。

 

 性能面では、Greekbench 3というベンチマークソフトの結果でみると、動作周波数が1.3GHzから1.5GHzにアップして、メモリーも従来の1GBから2GBに増えています。まあ、あまり実感するシーンはないけど、快適に動いてます。とりあえずは、いい買い物をした、という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)