カテゴリー「奇想の系譜」の記事

2016.05.01

東京都美術館で「生誕300年記念 若冲展」を見る

上野の東京都美術館で「生誕300年記念 若冲展」(2016/4/22-5/24:1600円)を見た。伊藤若冲は1716年に生まれて1800年に没している。というわけで、2000年には没後200年を記念した展覧会が京都国立博物館で開催されて、今の若冲ブームが始まった。そして今年は、生誕300年で、東京で大規模な展覧会を開催した。それが「生誕300年記念 若冲展」です。

Img_1367
事前の宣伝もかなりあって、かなり混雑するだろうなあ、と思ったんだけど、やっぱり混んでます。行くときは、WebサイトのトップページTwitterアカウントを事前に見ておいて、傾向を確認しておいたほうがいいでしょう。

チケットはオンラインチケットなどで購入しておきましょう。若冲展のサイトにチケット購入の案内があります。入場券がないとチケット購入の行列に並んで購入してから、再度、入場の行列に並ぶことになります。今回は、前売り券を購入して、朝の8時45分ごろに並びました。チケット購入窓口は9時半に開くので、チケットを持っていない方々はどんなに早く来ても入場の行列に並ぶことはできません。私が見に行ったときは8時45分ぐらいで100人程度は並んでいたと思われます。そして9時半の段階では1000人程度の待ち行列にはなっていたのではないかと思われます。そのときもチケット購入まで5分待ち程度の行列はありました。ちなみに見終わって、出てきたとき、入場待ちは50分になってました。

どうしてこんなに混むのかというと、その理由は若冲の代表作である動植綵絵の全30幅と釈迦三尊像3幅が一つの部屋に飾られることにあります。一つの部屋で一望できます。これだけでも大変なことなのに、国内と海外にある代表作が集められて、ファンなら見ないわけにはいかない状態になっているのでしょう。特に動植綵絵の全30幅と釈迦三尊像3幅の組み合わせが東京で展示されるのは初めてです。その前は2007年の京都の相国寺にある承天閣美術館で飾られただけで、そうそうないことなんです。

動植綵絵は宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵していて、釈迦三尊像は相国寺の所蔵で、持ち主が分かれてますから、簡単には同時に展示できないわけです。皇室の持ち物である動植綵絵自体もそんなに簡単に見ることができない作品で筆者が見たのは2006年に宮内庁三の丸尚蔵館での展示でした。このときは全部まとめて展示するのではなく、何回かに分けて展示してました。といううわけで、全部まとめて展示されるというのは、本当に滅多にないことなので、これは混むよね、と思うわけです。

混雑するのは分かっていたので、2回、行くことにしています。会期中、5/8までと5/10からで展示替えがあるので、当然、前期と後期をそれぞれ拝見したいと思います。ということで、展示替えのある作品はじっくり見る。メインは動植綵絵の全30幅と釈迦三尊像3幅ですので、そこはさらにじっくり見る。今回の展示では地下1階、1階、2階の3つの会場に分かれていて、動植綵絵と釈迦三尊像は1階に展示されています。地下1階は比較的、見たことのある作品が多いので、ざっと流してみて、速やかに1階に上がり、動植綵絵を拝見して、2階も見たことがある作品が多いのですが、ブライスコレクションがあるし、MIHO MUSEUMから「象と鯨屏風図」がきてるし、大阪・西福寺の「蓮池図」は見たことなし、でしっかり見ておきたいと思ったわけです。

Picture0067

ちなみに、展示替えの関係で5/8以降、展示から消える作品は
地下1階
・糸瓜群虫図
・雪中雄鶏図
・鳳凰之図
・月に叭々鳥図
2階
・雪梅雄鶏図
・百犬図
・三十六歌仙図屛風(前期が右隻、後期が左隻)
といったところです。

「百犬図」は美術手帳、「月に叭々鳥図」は芸術新潮の表紙を飾っていたこともあって、なかなか印象深い作品ですので、お見逃しないようように…。そういえば、見逃したくない作品として注意したいのが、地下1階に展示された「孔雀鳳凰図」。この作品は大正15年に「國華」という美術研究誌に掲載されて以来、行方不明になっていたが2015年、83年ぶりに発見されたもの。経緯はよくわかりませんが、「大正15年の掲載当時は、広島藩主浅野家12代当主・浅野長勲(1842~1937)侯爵の所蔵」とのことで、大名家とのつながりがうかがえる作品としても貴重、というモノだそうです。図録によると「昭和8年に他の多くの浅野家所蔵の絵画とともに国の重要美術品に認定されている。…その後の所有経路は不明なまま、今回の再浮上となった」とあります。作品的には動植綵絵に図柄がそっくりな絵があるので、動植綵絵の試作として描かれたらしい。

個人的には、佐野市立吉澤記念美術館所蔵の「菜蟲譜」を再び拝見できたのが、少しうれしかった。この作品は2009年に栃木県佐野市葛生にある佐野市立吉澤記念美術館で公開されたときに見ている。若冲作品としては珍しい巻物で、若冲77歳の作品。動植綵絵と比べると色彩は枯れた感じですが、洗練されたユーモアを漂っています。この絵巻に描かれている、ギョロ目の蛙が好きなもので、再開できてよかった。ちなみに、2011年に国庫補助・県費補助を受けて解体修理をした、とのことで、かなりきれいになってました。

さて、結局、1階の動植綵絵は一巡して見た程度で、あまりじっくりとは拝見できませんでした。さすがに早く来て並んだ方々は、目標を1階の動植綵絵にしていたらしく、あまり地下1階は混んでなかったので、ここは思ったよりもしっかり拝見できたのですが、1階はあっという間に人が増え、まあそれぞれ33点の絵を1回は見たのでまあいいかと、2階に移動。どうも動植綵絵に夢中の方々が多いらしく、2階は人もまばら。各作品を独占しながら拝見できました。その後、売店に移動。ここも、おそらくは相当に混雑すると思われますが、オープンしたばかりなので、お店の人の方が多いくらいでした。

図録とグッズですが、図録は展示作品を全て収録してます。3000円ですが、解説が豊富で、図版のクローズアップも多く、お得な感じです。表紙は動植綵絵の「梅花群鶴図」のアップと「芍薬群蝶図」のアップです(写真下)。グッズはいろいろありましたが、期待していたiPhoneのケースがなく、残念です。Tシャツとか団扇とかがありましたけど、結局、マグネットを購入しておきました。このほかお酒がありましたが、どうなんでしょう。私は購入しませんでした。

Img_1377

ちなみに、グッズの販売コーナーでは1万円以上じゃないとクレジットカードは使えないので、ご注意ください。今時、カードを使うのに金額制限があるなんて、相当に時代遅れな感じがします。あと、行列に並ぶとき、結構、屋根のないところにいるので、日傘はあったほうが良さそうです。このあたりの、都美術館側の手配はいまいちでした。


【追記】
展示替え後の後半も見てきました。

相変わらず、混んでます。普通、展覧会は後半になるほど混みますので、別に驚きませんが、強烈です。金曜の夜は20時までやっていますので、昼ほどは混まないと見込んで、行ってきました。通常、閉館の30分前までに入場しないといけないので、19時20分に行列に並びました、この時点で90分待ちです。この待ち時間が意外と正しく、21時少し前に入場。ほぼ最後尾だったので、という、わざと最後尾になって、徐々に人が引いてくのを待ちながら、拝見していきました。でも、割と後から入ってくる方々がいて、それは、退場する経路から、するりと抜けてもう1周しようという強者達でした。ちなみに21時半には追い立てられて、展示会場か退出させられました。ここでなんとなく見えてきたのですが、最終時間は入場最終時間での入場待ち時間に30分追加した時間であることでした。

ちなみに、以下の作品が後半、公開されました。

地下1階
・花卉雄鶏図
・梅花小禽図
・亀図
・虎図
2階
・果蔬涅槃図
・石峰寺図
・三十六歌仙図屛風(左隻)

注意したいのは、物販ですね。そこそこ、再入荷待ちの品物が目に付いたし、購入に時間がかかるらしく、ここにも長い行列ができてました。その上、図録は別の場所(美術館の屋外)で販売ということで、ここにも行列ができてました。なんか大変ですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.21

「ボストン美術館 日本美術の至宝」を見る

東京国立博物館で「ボストン美術館 日本美術の至宝」を見た。上野の東博では6月10日まで、入場料は1500円。見所はたくさんあるんだろうが、まずは吉備大臣入唐絵巻と曾我蕭白の作品だろう。特に曾我蕭白の作品は、巨大な襖絵「雲竜図」、諸々渦巻く「風仙図屏風」などが拝見できる。特に雲竜図は、今回の展示に合わせて、きれいに修復されている。まあ、見ないと損だよね。

会場は例によって、平成館の2階。階段の左側が第1会場になっているが、それは無視して、逆周りで拝見する。Webで見た限り、全体が6つのブロックに分かれていて、5つめが曾我蕭白だったので、右側の第2会場の真ん中に蕭白の作品ならんでいるはず、と思ったら、なぜか6つめの「第6章 アメリカ人を魅了した日本のわざ-刀剣と染織」が先にきて、曾我蕭白の作品は最後にありました。まあいいか。

とにかく蕭白の「雲竜図」は圧倒的な存在であった。大きいし、タッチにも勢いがあり、迫力がある。よく見ると、あちこちに修復の跡が残っているけど、かなり丁寧に直していて、そのあたりもいい感じ。現代人の我々から見ると極めてマンガ的な龍の困った表情も気に入ってしまった。左半分と右半分のつながりが悪いのもこういった古い作品ならではの味だと思う。おそらくは中間に何かあったのだろうと、想像できるのは悪くない。

吉備大臣入唐絵巻は見るのに時間がかかるので、今回はパスして次回にまわすことにする。遠目に見た感じでは、かなり保存状態がいいようだ。

まあ、最後に売店によって散在してみた。まずカタログは2300円。蕭白の「雲竜図」がカバーになっている。解説も多いし、いいんじゃないでしょうか。それから、マグネット(下の写真)。初めて見たんですが、「きもの」の形をしたものです。これが1つ600円。

1

それから、「雲竜図」の携帯ストラップ、740円。

2

このほか、いろいろあったけど、カプセルトイで額装したり掛け軸のレプリカもあたりは、どうなんだろう。私は買いませんけどね。

Img_3132


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.21

京都で少し和む 石峰寺にいって見る

Sekihouji1

祇園から京阪電車に乗って南へ。深草駅で下車して東口へ。そこからざっと500mぐらいのところに、石峰寺がある。石峰寺は伊藤若冲のお墓と若冲が下絵を描いたという五百羅漢がある黄檗宗の禅寺だ。上の写真はお寺の門。門の前には、五百羅漢のスケッチ、写真禁止って札が立っている。一緒に行った相方によると、この前、春ごろ来たときはなかった、とのこと。まあ、300円の拝観料を払ったけど、写真は撮影せず、スケッチもせずに五百羅漢を拝見する。五百羅漢は素朴ですが300円です。

Skihouji2

さて、五百羅漢は撮影不可だが、若冲のお墓は撮影可。上が、その写真。墓の横に筆形の石碑がある。ちなみに若冲のお墓は相国寺にもあるが、そちらは生前墓、とのこと。実際は石峰寺のお墓に埋葬されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.02

五百羅漢展を見る

Fhr2

両国の江戸東京博物館で五百羅漢展(7月3日まで、1300円)を見る。五百羅漢というと、石像を思い浮かべる人が多いようだけど、ここでは絵を展示してます。五百羅漢を描いた狩野一信は幕末の絵師で、48歳で死ぬ前の10年をかけて、五百羅漢図に挑んだ。全100幅のうち、最後の10幅は病を押して描いたり、一部は弟子が描いたため、パワーダウンしているけど、それ以外の90幅はとても強烈な作品。すべて増上寺の収蔵物である。ちなみに、この展覧会の正式名称は「法然上人八百年御忌奉賛 特別展「五百羅漢―増上寺秘蔵の仏画 幕末の絵師 狩野一信」」というわけで、800年記念で秘蔵品が公開されたわけだ。

一信は30〜40代の“油ののった時期”に五百羅漢図を描いたため、五百羅漢図以外の作品が少ない。さらに、五百羅漢図が“増上寺秘蔵の仏画”だったため、ほとんど公開されてこなかった。こういった原因が重なったためか狩野一信の名前はあまり世間には広がらなかったようだ。私が最初に一信の作品を見たのが2006年3月。東京国立博物館が所蔵する、50幅の五百羅漢図で、増上寺版の2幅を1幅にまとめたミニチュアだ。最初に見たときは、この50幅でも十分に驚かされた。

今回、オリジナル100幅を見て、圧倒された。大きさといい、描き込みの執拗さといい、物量といい、かなり強烈。500人の羅漢さんが、みんな違う顔して、違う袈裟を着ていること自体、大変なことだけど、西洋画風に陰影を強調した作品とか、いろいろと工夫があって、なかなか飽きさせない。

さて、会場が江戸東京博物館の1階展示室なので、かなり不安でした。天井低いし、そもそも狭いのに、大量に並べるから、百貨店の展示会のように通路がうねうねと回って鬱陶しい、というのが江戸博の展示なんだけど、過去の展示会と比べるとかなり印象が違った。LED照明とアクリル板を使った展示ケースのおかげかも。特にアクリルを使った展示ケースは反射も少なく、見やすい気がした。江戸博の展示に裏切られてきた、と思っている方々も見逃さないようにしましょう。

| | コメント (0)

2010.05.02

伊藤若冲 特別展「百花若冲繚乱」を見る

Jyakutyu2

金刀比羅宮で「百花若冲繚乱」(2010/6/13まで、1000〜2000円)を見る。まあ、この展覧会を見たくて、四国に来たわけで…。通常未公開の奥書院を公開するという、本当に特別な展覧会。奥書院にある伊藤若冲の「花丸図」の修復が2009年8月に終わって、その記念にお見せしましょう、という趣旨。「花丸図」は約200点の花を格子状の枠の中に整然と配置した作品。花の種類が多く、それぞれの花を精密に描いているところが若冲らしい。修復の前、2007年に東京芸大の美術館で見て以来だけど、再度、拝見できるとは思いませんでした。修復前と後を見ているのだけど、違いはよくわからない。

会場は奥書院と高橋由一館。奥書院というくらいだから、表書院の奥にある。靴を脱いで、スリッパに履き替えて入場。表書院の応挙の絵をぐるりと見て、奥書院へ。奥書院は思ったよりも狭い。6畳らしい。この部屋の真ん中に座ったら、息が詰まるような気がする。目の届くところ、壁面はすべて若冲の花の絵ですから。

奥書院のあと椿書院。田窪恭治が壁に椿の絵をびっしりと描いてます。まだ書きかけです。

次に第2会場の高橋由一館。下の写真が入り口。

Jyakutyu1

第2会場には、奥書院の襖四面が飾られている。こちらの方が照明も工夫されていて見やすい。下の階の高橋由一のコレクションを拝見して、取りあえず終了。あとは宝物館。これが結構、すごい。狩野探幽などによる三十六歌仙が圧巻で、まあ17世紀の作品とは思えないくらい、きれいです。まあ、時間があったら覗いておくべきでしょう。

まあ、これだけ見ると、そこそこ疲れてしまって、金陵酒造の資料館とやらを横目で見ながら、空港行きのバスに乗ってしまいました。琴平からは高松空港行きのバスがあるのだけど、どこを走っているのかよく分からないまま、空港へ。そして羽田への帰ってきたわけです。しかし、うどんを鼻から出るくらい食べるつもりでしたが、一杯しか食べてない。結構、残念。

| | コメント (0)

2009.10.20

MIHO MUSEUMで「若冲ワンダーランド」を見る

Miho_m1
MIHO MUSEUMで「若冲ワンダーランド」(12/13まで、1000円)を見る。MIHO MUSEUMは滋賀県でも三重県の境のあたり、信楽町郊外の山中にある。山の中なので、電車と歩きで行けるところではない。車は持ってないので、MIHO MUSEUM行きのバスに乗っていくことにする。新幹線で京都へ行き、JR石山駅へ。ちなみに、滋賀県を訪れたのは初めて。JR石山駅からバスで50分、料金は800円。よくまあ、こんな山の中に建てたな、という感じでMIHO MUSEUMがある。

若冲ワンダーランドの見所は「象と鯨図屏風」。昨年、北陸で発見されたこの屏風は、右隻に砂浜にうずくまって長い鼻を高々と挙げる白象、左隻に潮をふく黒い鯨を配した作品。大きさは各隻、高さ159.4×幅354cm。二つ合わせて、幅7mとなかなかの迫力。まあ、それ以外にもプライスコレクションで、モザイク画として有名な「鳥獣花木図屏風」もある。風景、草木、動物、人物画を網羅して、まあ、若冲大全という感じ。

絵もよかったけど、資料や解説もなかなか。若冲というと、青物問屋「桝屋」の跡取りだったけど、ビジネスよりは絵が好きで、とっと弟に跡目を譲り、若隠居して絵画三昧の人生を送った、まあ元祖オタク的な人物像が語られてきたけど、今回の展示や図録の解説では、町の重鎮「年寄」として、町政に関わっていた、という事実が公表されている。

Miho_m2

ところで、MIHO MUSEUMですが、バスを降りて、まず入るのがレセプション棟という受付と食堂がある建物。受付で入場券を買って、美術館本体に向かう。しだれ桜の並木道を歩いて、トンネルを抜けて、橋を渡って、ようやくたどり着く。

Miho_m3

Miho_m4

Miho_m5

美術館の入り口にたどり着くと、妙に狭いように思えるが、実際に入ってみると、中はとても広い。山を切り開いて、建物を建てて、その後で、土を盛って山の状態を元に戻す、ということをやっているらしい。なんとまあ、金のかかった建物。

MIHO MUSEUMを見ていると熱海のMOA美術館とよく似ている、という気になる。どちらも受付の建物があって、そこから、それなりに移動しないと、美術館の展示ゾーンにたどり着けない。調べてみると、どちらも宗教法人が経営に関わっている。MIHO MUSEUMは神慈秀明会、MOA美術館は世界救世教。ちなみに、世界救世教から分離独立したのが神慈秀明会。

| | コメント (0)

2009.10.05

「伊藤若冲《菜蟲譜》と江戸絵画の魅力」を見る

Saityuufu
朝起きて、日曜美術館を見ていたら、伊藤若冲の「菜蟲譜」が佐野市立吉澤記念美術館で公開中とのレビューが流れる。佐野市立吉澤記念美術館がどこにあるかと調べると、栃木県佐野市。東武佐野線「葛生駅」下車徒歩8分とのこと。何となく行ってみる気になって、いろいろ調べると、2時間程度で行けるらしい。その上、10月4日は無料公開とのこと。500円の入場料も不要だ。まあ、往復に4000円ぐらいかかるけど、天気もいいしと、行ってみる気になる。

北千住まで千代田線で行って、東武線に乗り換え。特急「りょうもう」に乗って、館林へ。そこから東武佐野線に乗り換えて、終着駅の葛生へ向かう。葛生駅は下のような感じ。どうやら石灰岩の採れる鉱山の町のようです。周りは山ばかり。

Kuzuu

この駅から、徒歩8分程度で、佐野市立吉澤記念美術館に到着。

Sano

ん〜、平屋の小さな美術館なんだけど、思ったとおり、狭い。

Sano_2

こういうところに「菜蟲譜」があるのが、少々不思議だけど、どうやら、鉱業でもうけた方々が、うまく散財して、いろいろとコレクションしたらしい。

| | コメント (0)

2008.08.16

「対決-巨匠たちの日本美術」を再び見る

明日で最終日となる「対決-巨匠たちの日本美術」を東京国立博物館へ見にいく。最終週は俵屋宗達と尾形光琳の風神雷神図屏風を並べて展示してくれる。この2作品のために行ってみる。

夏休みでお盆休みだからもう人、人、人という感じ。9時25分に自転車で到着するも、既に会場の平成館の前に行列ができていた。この炎天下のため日傘が配布されてます。でも豪雨がきたときはどうすんだろう?と疑問を抱きながらも、俵屋宗達と尾形光琳の風神雷神図に直行して、粘って拝見。

さて、缶バッジの収集ですが、24人中14人まできました。まあ、ここまでか。一応、奇想の系譜の若冲、芦雪、蕭白は入手できたからいいか。

| | コメント (0)

2008.07.14

「対決-巨匠たちの日本美術」を見る

Dueling_geniues
上野の東京国立博物館で「対決-巨匠たちの日本美術」(8/17まで、1500円)を見る。なんだか凄いことになってます。運慶 vs. 快慶に始まって、雪舟 vs. 雪村、永徳 vs. 等伯とまあ、豪華なこと。国宝と重文がぞろぞろと登場する。対戦の数は全12。並べてみせることで各巨匠の個性を浮き彫りにをしようという試みである。雪村や芦雪、蕭白といったあたりをまとめて拝見できるので、しっかりと見ておきたいところ。若冲 vs. 蕭白、応挙 vs. 芦雪、宗達 vs.光琳が期待通りな感じ。でも意外と鉄斎 vs. 大観が良かったりする。

Can_badge
東博も商売がうまくなってきた。山口 晃が各巨匠の肖像画を描いて、缶バッジにしたものをガチャポンで販売中。1枚200円で24種類ある。ん〜取りあえず、3枚購入したが木喰さんがだぶってしまった。まあ展示替えがあるので、何回かいくでしょう。

| | コメント (0)

2007.10.02

センガイ展を見る

Sengai出光美術館で「仙がい/センガイ/SENGAI」(10/28まで、1000円)を見る。しかし仙がいのがいはネットでは表示できないから、書きにくい。まあ、しょうがないか。センガイは九州・博多聖福寺の第123世の住職、臨済宗の古月派を代表する名僧だそうだ。今年は没後170年とのことだけど、まあ、170年以上前の絵という気があまりしない。禅画というのは、白隠もそうだけど、自由闊達ってんでしょうか、なんでもアリなところが好きだな。おそらくは、この辺の感覚が漫画につながっていくのであろうとか、まあ誰でも思いますよね。

ちなみに出光美術館はリニューアルが終わって、ちょっときれいになった。「陶片室」とルオーとムンクの作品を並べた部屋ができてました。ルオーとムンクって結構好きなので、この部屋はちょっと楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)