カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2015.10.11

Office 365 Soloをできるだけ安く更新してみる

Office 365 Soloを購入して、そろそろ1年ということで、更新することにした。というか下記のメールがマイクロソフトさんから届いた。


Fromms

このメールにあるリンクでマイクロソフトのOffice 365 Soloの更新ページに行ってみると、¥12,744 /1 年間とのこと。なんとなく、ボタンをクリックしそうになったところで、その下にあるテキストに気が付いた。

「この商品を取り扱う販売店からも Office 365 Solo を更新することができます。」


Ms_office

去年、購入したときも、結局、マイクロソフトからは直接購入せず、比較検討の結果、ヨドバシから購入したのでした(詳しくはこちらの過去記事)。去年購入したときは、来年はなんとなくマイクロソフトからのアップデートになって、こういうディスカウントは受けられないのだろうな、と思っていた。でも「この商品を取り扱う販売店からも Office 365 Solo を更新することができます」と言っているのだから、更新できるんでしょうねえ、と思って、早速、amazon.co.joとヨドバシを比較することにした。

調べたところ、以下のようになっておりました。

・日本マイクロソフト  税込みで12744円
・amazon.co.jo  11581円(去年は11800円)
・ヨドバシ  税込みで12740円(10%ポイント還元)

 なんとamazonは219円値下げしていた。細かいね。そのうえ「過去にAmazon.co.jpで Office を購入した方は、対象商品がクーポンで15%OFFに。11/30まで」とのこと。ざっと1737円の値引きです。つまりアマゾンでOffice 365 Soloを買うと、うまくすると1万円以下になるということでした。

 まあ残念ながら、過去にamazonでOfficeを買ったことがなかったので、ポイントほしさにヨドバシから購入しました。ちょっと残念です。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.21

iPad mini4のSIMフリーモデルを購入

 iPad mini2をこの1年半、使ってきました。いろいろと問題のある機種ですが、大きさが持ち歩きにちょうどよく、ノートパソコンはなくても大丈夫だけど、メールの返事とかExcelのシートを見たりはする、といったときに重宝してます。

 iPad mini2はSIMフリーの機種で、香港からの並行輸入品です。購入は2014年4月。なかなか日本国内でSIMフリーのiPad miniが出荷されないので、業を煮やして、購入しました。当時の購入価格は16GBモデルで6万4500円。たまたま、永久不滅.comのポイントが山のようにたまっていたことに気が付き、そして、そのポイントがいいレートでamazonのギフト券に変換できることが分かったもので「海外版SIMフリー iPad mini」を購入してしまいました。

 海外版SIMフリーモデルでも、日本で使えるように「技適マーク」もついているし、どうやらサポートも普通に受けられるらしい、ということでためらうことなく購入。OCNモバイルONEのSIMを申し込んで、使っている。ちなみに、格安SIMとか言われているMVNOの大手「OCNモバイルONE」ですが、物価の優等生って感じです。2014年4月に972円で1日50MBというコースを選択したのだけど、値段はそのままで、1日110MBにまで使えるようになりました。その日に使いきれなかった通信容量は翌日に持ち越せるので、ほとんど不自由しなくなりました。

 iPad mini2の欠点は、画面がアップルのいうところの「フルラミネーションディスプレイ」にはなっていなかったこと。フルラミネーションディスプレイとは、ダイレクトボンディングとも呼んでいるもので、液晶ディスプレイと感圧センサー、一番外側のガラスを隙間なく組み合わせることで、乱反射とかを防いで、見やすくする工法です。mini2はかなり画面の映り込みが激しく、結局、反射防止のフィルムを貼ることになりました。あと、指紋認証に対応していないので、iPhone 5sは指紋認証だけど、mini2はコード入力というのが面倒でした。使おうと思ったら、つい親指をボタンのところにおいて、しばらくしてから、mini2は指紋認証じゃないことに気が付く、という感じで、そこそこ時間を無駄にしました。

 でまあ、2014年7月にiPadのSIMフリーモデルが登場して、16GBモデルが5万1800円と香港からの並行輸入品よりも1万2700円安かったのは、多少ショックでした。まあ、そんなこんなで、便利に使ってきました。iPad miniの系列はなくなるとか、言われてきましたが、まあそれもしょうがないけど、このmini2を壊れるまで使う気になってました。実際、指紋認証を追加しただけのmini3なんかを見ているとアップルのやる気のなさが、ビンビン伝わってきました。

 で、9月9日です。なんと、さらりとiPad mini4が発表されました。実はiPad Proに気をとられていて、その場では気が付かなかったんですが…。それも最初からSIMフリーモデルが購入できます。というか、Apple StoreではSIMフリーモデルしか購入できません。まあ、別にキャリアから購入する気はまったくないので、SIMフリーで128GB版を購入しました。合わせて、SIMは「OCNモバイルONE」をamazon.co.jpから購入。今回はSMS付きの「OCN モバイル ONE 【SMS対応】 ナノSIM」という製品にしました。お値段は1221円。SMS対応にしたのは、災害時も含めた何かのときの通信バックアップとして、必要を感じていたからです。iPhoneに比べるとバッテリーの容量が大きいので、何かと便利なはずです。あとApple製のケースも購入したので、合計約10万円となりました。

 さて、mini4は9/17に到着しました。当然かもしれませんが、iOS 9がプリインストールされてました。アプリをインストールするのに少し時間がかかりましたが、翌日にはSIMも入れて、普通に使えるようになってました。

 mini2からmini4にアップグレードしてよかったのは、まず、見やすさでしょう。「フルラミネーションディスプレイ」になって、映り込みが気にならなくなりました。mini2のようにフィルムを貼る必要は感じません。そして指紋認証も使えるので、iPhone 5sとの違いもほぼなくなりました。これだけでも、十分に買い替える価値はあります。

 性能面では、Greekbench 3というベンチマークソフトの結果でみると、動作周波数が1.3GHzから1.5GHzにアップして、メモリーも従来の1GBから2GBに増えています。まあ、あまり実感するシーンはないけど、快適に動いてます。とりあえずは、いい買い物をした、という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.19

給電用のUSBポートが壁にある日も近そう

0360753_02

 パナソニックが2014年5月9日に発表した「パナソニック、スマートフォンなどの充電用コンセント「埋込充電用USBコンセント」を発売」によると、左のような壁に埋め込める「コンセント」を2014年5月21日から発売するそうだ。特徴は、電源アダプタなしで充電可能、定格出力が2Aなので容量の大きいタブレットにも対応、USB規格は世界共通、の3つだとしている。面白いのは、お勧めの使い方で、カフェやバーのカウンター、ベッド周辺、キッチンカウンターを挙げている(パナソニックのWebページ)。

 確かに、バーや喫茶店のカウンターにあって「どうぞご自由に給電してください」とあれば、お客さんにはよろこばれるだろうし、店の売り物にもなるだろう。一般家庭のベッドサイドに進出するのは先だろうが、ビジネスホテルのシングルルームのベッドサイドなら歓迎する方々も多そうだ。

 しかし名前は「USBコンセント」とのことで、今ひとつ垢抜けない。この際、「USBアウトレット」にして言葉を正し、さらに国際化を図る、というのは無理だったのだろうか。まあUSBアウトレットが正しい言葉どうか分からないけど、コンセントは通じないので…。

 いずれにして、USBポートは民間デファクトススタンダードなので、電源プラグの規格のように、国ごとに全く違うようなこともなく、変換プラグも必要ないので、どこでも、あるいはどの国でも、安心して使える。電源として使う場合は、通常、電源アダプタが必要だが、こういった仕組みがあれば、USBケーブルさえ持ち歩けば、充電に困ることはなくなる。普及には時間がかかるだろうけど、増えてほしい仕組みだ。

100000001001925212_10204_2

 まあ、こういったシステムが普及するまでは、自分でなんとかしないといけない。出張や旅行で宿泊するときは、このところ増えてきた、USBポート付きのOAタップを持ち歩いている。いろいろ出てきたが、私が愛用しているのはプリンストンテクノロジー の「PPS-UTAP」だ。少々重いが、2台購入して1台は会社に置き、もう1台は旅行かばんに入れてある。PPS-UTAPはAC電源を2つとUSBを5つ備える。USBは2.1A対応が1つ、1A対応が1つある。USBハブとしても使えるので、何かと安心だ。ちなみに、持ち運びの楽なように電源プラグが折りたためるものもあるが、ホテルによっては使えないことがある。単純にプラグの位置が悪くて、物理的にさせないことがあるのだ。というわけで、ケーブルで引き回せるタイプを持ち歩くことにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.06

iTunes Matchを早速登録したが設定に5日かかった件

Itunesmatch1

 2014年5月2日、iTunes Matchがやっと日本でも使えるようになったというニュースを見て、即、登録したのだが、設定がなかなか終わらず、ほぼ5日たって、なんとか使えるようになった。まあ、曲数が2万を超えている、落語も入っているしで、時間はかかるだろうなあ、と思っていたが、これほど時間がかかるとは。諸々対策を施した結果、5月6日の夕方、上の画面のようにステップ3へ移行して「現在20607曲がiCloudで利用できます。」と表示されたことに気がついた。おそるおそる、iPhoneで確認したら、以下のような自分でリップした音楽データでプレイリストが作成されていた。

Iphone

 実際、5月6日の昼にはステップ2で、停止と再開を繰り返していたのだ。まあ経緯としては以下のようになる。

1.5月2日の夜、登録して設定開始。
2.2時間かけてステップ1を終えて、ステップ2へ移行。
 「22022曲中3796曲をスキャンしました」という画面を見て就寝。
3.5月3日朝、「22022曲中3824曲をスキャンしました」で停止しているのを発見
4.いったん停止して再開させるが、ステップ1から先に進まない。
5.しょうがないので、いったんサインアウト→iTunes Matchの登録→このコンピュータを追加、として再開すると「22022曲中3189曲をスキャンしました」と、開始位置が後退するけどなんとか再開する。
6.2-3時間で停止するので、そのたびに5を繰り返して、5月6日でようやうくステップ3に到達。

 一応、諸々繰り返して、多少効果があると見られるのは以下の点だ。

1.コンピュータの資源をiTunesに集中させるため、Dropboxなどの常駐型のネットサービスを終了しておく。
2.省エネルギー設定でコンピュータのスリープは「しない」にしておく。
3.停止したらハードディスクへのアクセスとかネットワークへのアクセスとかがないことを確認して、即、サインアウトして再度サインイン。

 いずれにしても、5月3日にはレシートが届いているけど、それが使えるようになったのは5月6日だ。開始日は5月6日なのだろうか?3980円という料金は5月6日から1年間なのだろうか、と大きな疑問を持つ今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

Galaxy Sに乗り換えた

HT-03AからGalaxy Sに機種変更して、そろそろ2カ月。iPhone3GSを解約してもいいかな、という気になってきた。iPod touchがあるから、十分な気がするし…。

現時点でGalaxy Sの気に入らないことと、気に入っていることをまとめておく。

まず気に入っていること。
1.とにかくつながるし、速い。
Twitterで画像を指定してアップしても、ほとんどストレスなし。なんかスルリと終わる。

2.ATOKが使える!
まあ、それだけですが、重要です。

3.電話がまともになった。
HT-03Aの電話機能はひどかった。基本的に音質が悪く、前はつながった場所でつながらないことがあったりと、とても情けない製品でした。ともかく普通に電話ができてうれしい。

4.携帯ストラップが装着可能
まあ、日本で売るなら、ストラップは必須でしょう。

以下、気に入らないこと

1.アプリが少ない。
まあ、私の探し方がよくないかもしれないが、iPhoneで使っていたアプリがないことがある。あっても、機能が低いことが多い。

2.Gmailの表示がもう一歩
HTMLメールの表示が下手。テーブルを使ったメールが、1画面にうまく収まらなくてスクロールしないと読めないって症状がよく起こる。ちなみにiPhoneではきちんと表示してくれる。

3.やっぱり電池がもたない
1日は持つけど、2日は持たない。特に使ってなくても、毎日の充電は必須。

4.意外とGPSがだめ
なんか駄目なことが多い。これはサムソンの問題なのか?ときどき、他人の家の敷地内を斜めに通り抜けていることがある。

5.マックに簡単につながらない。
HT-03AはUSB接続するだけで、つながったけど、Galaxy Sはつながらない。
Windowsの場合は「Samsung Kies」というソフトを使っていろいろあれこれするんだけど、重いし、遅いし、使い勝手が悪い。日本語メニューぐらいはあってほしいんだけど、見つけられなかった。結局、「USBデバッグ」なる機能で接続する。

といったところか。

| | コメント (2)

2010.06.07

iPadを買って1週間

Img_0002

輸入してまで買うものでもないというか、Wi-Fiモデルじゃ意味がないと思ったので、国内で購入した。3Gモデルが欲しいというか、GPS付きのモデルが欲しかったので、普通にヨドバシカメラで予約して、特に並ばずに入手した。並ばずにすんだのはいいけど、当初、誰からともなく言われていたポイントがつくって話はなくなり、どこで買っても同じ、ということになった。これはこれで、いいことじゃないのかな。

アップルの改革ってのは、色々あるけど、流通改革ってのもあって、それがApple Storeの、リアルショップとネットショップでの直販なんだろう。販促ってのがどうあればいいか、おまけつけて売ることが、割引で売ることが、ポイント付けることが商品を開発して売るというサイクルのなかで、本質的にするべきことなのかって気がときどきするけど、まあ、いち消費者としては、いいものを安く買えればいいのだけど、安く買うことに必死になるのも、何かの本質から遠く離れている気がする。

まあ、ともかくiPadの販売で、販売店の選別がまた進んだという気がした。さらにヨドバシもビッグもYAMADAもポイントが付かないということでは、どこで買おうが値段は一緒になったのは、多少残念ではあるが、いいことなのかもしれない。買い物における工夫の余地はなくなったけど、ともかく安く買わなければ、という強迫観念からは解放されるわけで、人生、もっと別のことに頭を使えばいいのだよ、と考えていいかもしれない。

そういえば、日本メーカーの製品って、なんでもかんでも価格はオープンです、って言い過ぎですな。そもそも製品ってものと値段があって決まるわけで、ニュースリリースとかで、値段が明確じゃないと、何をしたいのか、よくわからん。まあ、日本の販売制度の硬直化ってことではないかと思うわけね。

さて、iPadだけど、今日、母親に見せて、使ってみたらって聞いてみたら、紙に印刷できるんならいいって言われて、できないって言ったら、じゃあいらないってことになりました。

ん〜、iPadの最大の弱点は紙に印刷できない、ってことみたいですね。

まあ、基本的にありがたく使っていけそうです。まあ、意外だったのは電子書籍より、YouTubeが感動的だったことかな。

| | コメント (2)

2010.06.06

MacBook Proを再び購入

Macbookpro
2006年に購入した初代MacBook Proのハードディスクが満杯になり、もうどうしようもない感じになって、買い替えを決心した。ほぼ5年も使ったしそろそろいいか、という感じと、iPadを購入してバックアップするデータが増えてきたこともあって、物理的に限界となった。まあ、古いMacBook Proは会社に持ち込んで、Photoshop Elements専用機として余生を全うしてもらいましょう。ちなみに個人的に購入したPhotoshop Elementsを会社のパソコンにインストールして使っていたのだが、アドビ様からの要求で使えなくなってしまった。まあ、MacBook Proは会社の基幹ネットワークには接続せずに、評価用のネットワークに接続するので、問題なく使用できる。

今回の購入は本当に悩んだ。論理的にはUSB3.0とBlu-rayが内蔵されてからの方がいい、という結論に達したのだけど、まあ、上記の理由により、待てなくなり、購入してしまった。問題の仕様だが、再三、実機を拝見した結果、光沢ディスプレイを使うには、歳をとり過ぎた、という結論に達した。そうなると非光沢ディスプレイしかなくて、高解像度1680x1050ドットの製品となり、CPUはCore i7になる。まあ、これも自分にとっては当然なんだけど、キーボードは仮名キーのない英語キーボード。仮名入力ができないのに、仮名が刻印されたキーボードを使う理由は全くない。Macの場合、キーボードを英語キーボードにしてもお金がかからないのもありがたい。これが銀座のApple Storeで予約なしで普通に手に入る。

まあ、相変わらず、光るキーボードがきれいだし、画面も広いし、かなり満足。

| | コメント (0)

2008.03.30

GPSを使ってみる

Gpscs1

取りあえず仕事が一段落して、束の間の休日。ソニーのGPSユニットキット「GPS-CS1KSP」を購入して、少し遊んでみた。前から気になっていたけど、最近、自転車に取り付けたり、カラビナに付けたり、アームバンドで腕に固定したりできるような、アタッチメント付きで販売されるようになった。まあ、自転車で走り回ったときの経路を記録したり、どこで撮影したかを記録してみたかったので、自転車向けのアタッチメントが出たことで、一気に買いたくなった。そこで1万4100円で購入。

ちなみに、このGPSは15秒おきに位置情報を記録。パソコンに読み込んだときに地図ソフト上に、位置情報を読み込んで、どこを移動したかを表示してくれる。さらにデジカメで撮影したファイルに記録されている時間情報と位置情報をマッチングして、どこで撮影したかを地図上に示してくれる。下のようになる。

Gps1

位置情報を読み込んでみると、経路は大筋で合っていたけど、精度は微妙なところ。道なき道を走っていたりする。まあ、こんなところか。次にデジカメの写真を読み込んだら、かなりずれていた。でまあ、確認したらデジカメの時計が3分ほど遅れていた。まあ、次は気を付けよう。

| | コメント (2)

2006.11.26

SDHCカードを購入したけど

SdhcペンタックスのK10Dを予約した。11/30あたりに届く予定。RAWデータで撮りたいので4GBのSDHCカードを購入。IOデータ機器ので1万9800円。安いか高いか?2GBのSDカードが1万円前後だから妥当なところか。LUMIX DMC-LX2でも使えるので、早速、使ってみる。SDHCカードの特徴は大容量。この前、東芝が8GBのカードを発表したし、仕様上は最大32GBまで対応するから、まだ期待できる。もう一つ、転送速度の最低速度を保証しているところもユニーク。今回、購入したのはClass 2で、2MB/秒以上を保証している。まあ、4GBのカードは今のところほとんどClass 2だから選びようがないけど。

さて、よく考えるとカードリーダーが対応していない。SDHCの規格が登場する前に買ったものだからしょうがないか。一部、ファームのアップデートでSDHCに対応する製品もあるけど、我が家の製品は対応できない。まあカメラをUSB接続すればいいのだけど、取りあえず1980円でSDHC対応のリーダーを購入。でも4GBまでなんだよね。さて、8GBのカードを読み書きできるようになるんだろうか?

追記:「4GBのカードは今のところすべてClass 2だから選びようがないけど」と書きましたが、既に4GBでClass 4の製品がありました。というわけで、「すべて」→「ほとんど」に訂正します。トラセンドとエレコムの製品で、トラセンドは1万9800円とのこと。エレコムは2万4600円(amazonで)。ちなみに、トラセンドはminiSDでSDHCの製品も発表している。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.07.15

MacBook Pro購入

MacbookproようやくMacBook Proを購入。光るキーボードが欲しかったのかもしれない。

ともかくCore Duoは速い。メモリーを2GBに増設したので、PowerPC用のアプリも順調に動作。
まあ、細かなことは後ほど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)