カテゴリー「心と体」の記事

2012.11.20

体調不良中年日記 帯状疱疹編

50歳になったら,まず五十肩になった。左肩の可動範囲が狭まり,過労がたまると痛くなったりと,諸々面倒な目にあってきた。総合病院の整形外科にいったところ,なんらかの痛み止めの注射を打ってもらって,いったん良くなった。しばらくして,同じ総合病院にいったところ,医師が変わって今度は,注射はぜずに,薬をもらうようになった。消炎剤と弛緩剤の組み合わせである。まあ,思った以上に効果があって,症状は緩和したんだけど,完治はせず,薬を飲み続けている。

そんなときに,左腕,前腕の裏側がしびれるようになった。関節も痛い。これは,ヘルニアかなんかかな?と思って,くだんの病院にいったところ,とりあえず様子をみましょうと,ビタミン剤が追加された。それでもひどくなる一方で,とても痛い。なんかこう,握りつぶされるような痛みだ。そこでまた,整形外科の医師に相談したところ,痛み止めの薬を出してくれた。

まあ,このあたりで気がつけばよかったのだけど,上腕に大きな湿疹ができていた。これが,なかなか消えないし,膿もでない。水疱のようになった。でまあ,皮膚科にいったところ判明しました。「帯状疱疹ですね」とのこと。

帯状疱疹とは,小児期にかかった水疱瘡のウイルスが神経節というところに潜伏して,老化や疲労,ストレスなどが原因で局所的に再発する病気だ。神経節に潜伏しているので,神経に沿って湿疹が現れる。これが神経に沿って連続的に現れるので,帯状ということらしい。神経と皮膚がウイルスに攻撃されるため,症状的には神経痛と湿疹である。

治療は抗ウイルス薬があるので,それを飲む。2〜3日で効いてくるらしい。錠剤と塗り薬を処方された。1週間分で6500円ぐらいでした。まあ,診断を受けたのは,痛みに気がついてから10日程度,経過していたので,湿疹は既に黒くなっていた。もう少し早く気がついていたら,楽だったはずだけど,まあ,腕に痛みがでたので,五十肩の症状悪化と勘違いしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

椎間板ヘルニアも遺伝子病らしい

理化学研究所の研究で、椎間板ヘルニアの原因遺伝子が発見されたそうだ。遺伝子異常で、椎間板の成長が阻害され、発病にいたるらしい。高校のころに椎間板ヘルニアを患って、2年ほど半分寝たきりになったことがある。まあ、ちょっと腰を痛めて、ほっておいて、受験勉強が始まって、机にへばりついていたら、ある日、歩けなくなった。原因がぼんやりした病気なので、暖めたり、ひっぱたりする理学療法ぐらいしかなく、ある程度、治るまで時間がかかった。

理化学研究所のリリースによると、遺伝子異常で「椎間板ヘルニアの発症リスクが、約1.6倍になります」とのこと。しかし「国内における椎間板ヘルニアによる入院患者は7.4/1000人にものぼります。」(厚生労働省のデータ)というのは知らなかった。リリースではさらに続けて「手術患者は、初回の手術に限っても人口10万人あたり年間46.3人という報告がなされています。毎年 約5万人が手術を受けている計算になります。」として、「医療経済上重要な問題」としている。つまり健康保険の財政的な問題もからむ、ということらしい。まあ、私の椎間板ヘルニアは、健康保険のかからない鍼とカイロプラティックでなんとか治ったけど。しかし遺伝的要素が大きいとは知らなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.04.10

内視鏡検査に行く

胃の辺りに違和感があったので、いろいろと検査するうちに、内視鏡で胃を見ることになった。まあ、胃潰瘍が治りかけているらしい。それでも一度、見てもらいますか?といわれて、その気になった。しかし、初めての内視鏡検査だけにいろいろと驚かされた。

まず、内視鏡の前に感染症の検査があった。内視鏡は複数の人間が使うため、というのがその理由。肝炎とエイズの検査があって、ドキドキ。エイズの結果通知は1通のみで、本人のみが保管するというもの。特に問題なく、検査に。しかし、予約で1カ月も待った。その間に感染症にかかったら、どうするんだろう。

内視鏡の検査は、特にきつい思いをすることなく終了。なんかいろいろ、きついとか脅されたが、医者の腕とか、内視鏡の技術の進歩とかあるんだろうけど、結果としては簡単なものだった。まあ、一つは麻酔をしたためだろう。ただ、この麻酔も注射ではなく、ゼリー状のものを飲むというもの。ゼリー状の麻酔薬を口のなかに入れて、1分間、口を閉じて飲み込まずに上を向いていて、その後、飲み込む。麻酔のおかげで、ほとんど意識のないまま、内視鏡検査は終了。ちなみに内視鏡はオリンパス製だった。検査結果は来月の連休明け。さてどうなるか?それより、検査費用が1万2050円だった。ん〜、なんか結構、高いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)