カテゴリー「自転車」の記事

2014.09.27

虎ノ門ヒルズへ自転車でいってみた

 久しぶりに、自転車で会社へ休日出勤したら、途中で首が痛くなるような角度でそびえる、建物ができてました。虎ノ門ヒルズです(写真下:高解像度版はこちら)。建物そばの案内板をよくみると駐輪場があるとのこと。それはありがたい、というわけで寄ってみました。

Toranomonhills

 上の写真は、愛宕下通り側から撮影しましたが、駐輪場は桜田通り寄りの方から入ります。下の写真の奥の方に、地下道への出入り口があります。

 
Tora_2

 これが出入り口です。その横の案内板にあるように、さらにその奥に駐輪場への入り口があります。
 
Tora_3

 下が、その入り口。自動ドアの先にあるようです。

 Tora_4

 ちょっと、感心したのが、駐輪場の空き状況が分かること。入り口の左側に「空」が見えます。きっと、満車なら「満」の字が表示されるのでしょう。

Tora_5

 そして、自動ドアの先にはエレベーターが。ちゃんと「このエレベーターは自転車を乗せることができます」とある。これで地下1階に降ります。

Tora_6


 降りて廊下を自転車を押して少し行くと、駐輪場です。

T_cyc0

 中はこんな感じ。よく見る光景です。

T_cyc1

 料金は5時間までは無料で、5時間経過後、1時間100円。利用時間は7時から23時まで。リーズナブルだと思います。ちなみに駐輪できる台数は最大71台まででした。

T_cyc2


 ちなみに「プレミアム駐輪場」ってのもありました。中はよく分かりませんが、住居階用なんでしょう。Webで調べたら月額15000円とのことです。


T_cyc3

 虎ノ門ヒルズは美術館があるわけでもないので、そんなに長居はしないでしょうが、とりあえずランチとかトイレ休憩には使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.14

沖縄に行ってみた

Naha_marathon

相方が那覇マラソンを走るというので、ついて行ってきました、初めての沖縄。2泊3日、土日月と3日間、沖縄ですごした。まあ初めて見るものばかりで、なかなか興味深い。まずは植物から。でも、その前に那覇マラソンの話。ともかく人がいっぱい走ってます。全部で3万人とか。完走したのは2万人らしい。皆さん楽しそうに走ってます。仮装部門で強烈なのは上の写真かな。ピンクの看護婦さんと走っている注射器。

Sandanka

さて、沖縄の植物ですが、やはり本州とはかなり違う。だいたいこの時期に花が咲いているし、いずれも色鮮やか。上がサンダンカ。原産は中国南部からマレーシア。下がトックリキワタ。原産地はブラジル、アルゼンチン。1964年に種が持ち込まれて1970年から咲き始めたらしい。開花時期は9月から12月とのこと。このトックリキワタは不思議な木で、街路樹として、かなりの数が植わっているのだけど、それぞれ、花の咲き方や葉のつき方がちがう。中には幹にとげが生えているのもある。ちなみに、幹はトックリ型で、若木のうちはスマートなんだけど、育つにつれてトックリ型になっていく、とのこと。

Tokkuri_kiwata

Tokkuri_kiwata2

ガジュマルの木も多い。これがまた、よくわからないくらい大きくて密度が濃い。崇元寺というお寺の跡地にある木。この木何の木状態。ちなみに崇元寺跡地には山門が残っていて、重要文化財らしい。

Banyan_tree

まあ、あとはよくわからないけど、ブーゲンビリアとか、いろいろ咲いてます。

Bougain

Flower1

| | コメント (0)

2008.06.08

Cannondale Bad Boy Discを購入する

Cannondale_badboydisc
CannondaleのBAD BOY SI DISCを購入した。注文したのが1カ月前。ようやく届いた。初めてのクロスバイクというか、マウンテンバイクのフレームに700Cのタイヤをつけたもの。サスペンションなし。黒。頑丈だけど速そう、って感じ。ロードバイクは速すぎるので、そこまでは速くないけど、マウンテンバイクよりは速いのが欲しかった。昨日、自転車屋にいって、自動車本体にスタンド、サイクルコンピュータ、フロントライト、テールライト、鍵をつけてもらって20kmほど走る。マウンテンバイクと比べるとだいたい時速5kmは速い。これぐらいがいいか。ただ、ロードだと坂も楽々であったが、そこまではいかない。

でまあ、今日も乗ってみる。このところ忙しいので、日曜の午前中に会社で2時間ほど仕事をしている。誰もいないので、たいしたことではないが集中するとすぐ終わりそうな作業をいくつかこなす。今日もそのパターンで、仕事をしたあと、たまに根津美術館でも覗いてみるか、という感じで霞町というか西麻布へ向かう。西麻布交差点から根津美術館へ行く途中で豚組というトンカツ屋が目に入った。一軒家を改造した感じの店。店の外観は悪くないし、トンカツは好きなので、入ってみました。普通、トンカツ屋ではどこの豚を使っている、ということはあまり言わない。せいぜい黒豚とか三元豚とか、といったもの。この豚組ではパンフレットにロースで17種、フィレで8種のブランド豚の名前が上がっていて、今日は10種程度から選べるようになっていた。イベリコ豚のロースかつとか、かなり珍しいものがある。取りあえずフィレのランチ1900円をいただく。味はなかなかジューシーでよろしい。次はイベリコ豚のロースが食べたい。

Butagumi

取りあえず満腹になったあと、根津美術館へ行ってみたのだけど、失敗。2009年10月リニューアル・オープンの予定で改築中でした。2006年5月8日から改築工事のために閉館していたらしい。忘れてました。ちなみに建築家は隈研吾。そこから、ワタリウム美術館へいって「ファブリス・イベール展 たねを育てる」(1000円、8/31まで)を見て、ぐるぐると都内を走って帰宅。ざっと35km走りました。

| | コメント (2)

2008.03.30

GPSを使ってみる

Gpscs1

取りあえず仕事が一段落して、束の間の休日。ソニーのGPSユニットキット「GPS-CS1KSP」を購入して、少し遊んでみた。前から気になっていたけど、最近、自転車に取り付けたり、カラビナに付けたり、アームバンドで腕に固定したりできるような、アタッチメント付きで販売されるようになった。まあ、自転車で走り回ったときの経路を記録したり、どこで撮影したかを記録してみたかったので、自転車向けのアタッチメントが出たことで、一気に買いたくなった。そこで1万4100円で購入。

ちなみに、このGPSは15秒おきに位置情報を記録。パソコンに読み込んだときに地図ソフト上に、位置情報を読み込んで、どこを移動したかを表示してくれる。さらにデジカメで撮影したファイルに記録されている時間情報と位置情報をマッチングして、どこで撮影したかを地図上に示してくれる。下のようになる。

Gps1

位置情報を読み込んでみると、経路は大筋で合っていたけど、精度は微妙なところ。道なき道を走っていたりする。まあ、こんなところか。次にデジカメの写真を読み込んだら、かなりずれていた。でまあ、確認したらデジカメの時計が3分ほど遅れていた。まあ、次は気を付けよう。

| | コメント (2)

2008.01.02

初乗りで荒川河川敷へ行ってみる

Mt.Fuji
この冬は天気がよくて最高気温が10°以上なら取りあえず荒川の河川敷を走ることにしている。今日は風は強いけど、10°以上なので、岩淵水門までの往復約30kmを走ってみた。岩淵水門は川上にあるので逆風のなかを、ときには10km/hまで速度を落としながら走っていく。まあ、帰りは追い風になるので、その爽快感を思いながら、ひたすら耐える。いい運動だ。岩淵水門で一息ついて、ふと見ると富士山が見えたりする。それが上の写真。取りあえず富士山信仰な気分になって、拝んでおいた。もちろん帰りは追い風のなか最高41km/hを出したりしながら、ゆっくりとベダルを踏み、帰路につく。

ちなみに10°に満たない日や天気の悪い日は、WiiFitで遊ぶことにしている。WiiFitはやり始めると徐々にメニューが増えていく構成になっており、使い続ける工夫満載な感じでよろしい。買ってよかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.10.14

十間橋通りで憩う

Spicecafe1
体調は、相変わらず微妙な状態。でも今日は比較的調子がいい気がしたので、自転車に乗ってカレーを食べにいく。行き先は、何回か入り損ねたスパイス・カフェ。場所は墨田区文花。十間橋通りをちょっと横に入ったところ。たぶん、押上から徒歩10分ぐらい。古い木造アパートを改造した店で、一部屋、小さなギャラリーもある。以前、ふらりと行ったら、満席で30分待ちだったので今回は電話で予約。駅から10分の不便な場所だけど、なかなかの混みようで、味も期待できそうな感じ。

Tenshinan
自転車で駒形橋を渡って、浅草通りに入り、十間橋で左に折れて、十間橋通りへ。ちょっと早めに着いたので、前から気になっていた天真庵という、カフェに。茶房って書いてあるけど、蕎麦も扱っているらしい。とりあえず、ブラジルをベースにした「ほぼブラジル」500円を飲みながらちょいと時間をつぶす。

Spicecafe2
予約した時間が来たので店へ。確かに混んでいます。カウンター席に通されて、カレーランチ850円で、チキン、ラム、野菜、日替わり(今日はドライ)の4種類から選ぶ。本日はチキンを選択。ちなみに、ご飯は大盛りで、ルーも大盛り。ご飯の大盛りはたタダだけど。ルー大盛りは100円増し。カレーは名前の通りスパイシーではあるが、辛い、ということはない旨いカレーです。チキンカレーは骨付きだけど、よく煮込んであって食べやすかった。次回はラムを食べてみたいな。夜はカレーコース2000円とかもあるので、そのうち試してみたいもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.08.01

「水と生きる」を見る

先々週の週末にミッドタウンのサントリー美術館で「水と生きる」(8/19まで、800円)を見た。涼しい。今の展示はさほど、これは!という作品はなかったけど、全体に清涼感が漂っている。例えば、薩摩切子の青いチロリとかを見ると、これで一杯いくと、かなり涼しいだろうなあ、と思う。大物作品としては、応挙の「青楓瀑布図」が展示される。この展覧会は2回の展示替えがあって、最後の回で登場するらしい。楽しみに待ってます。

自転車乗りとして、ミッドタウンで気になるのは駐輪場。自転車に乗ったことのない方が設計・施行したとしか思えない駐輪場だったが、補修工事の結果、下の写真のようにまともになった。以前は階段の左右が溝になっていたけど、今回は溝が埋まって、少し高くなっている。まあ、これなら大きな問題はないか。
Midtown_c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.15

自転車関連NPOの会員になる

自転車に乗るようになってから、自転車用の保険を探してきた。荒川の河川敷を走っていたときに、子供が薮の中から飛び出してきたのをよけて、自転車に乗ったまま半回転したときから、特に必要を感じてきた。それに逆走してくる自転車と正面衝突しそうになったこともあるし、信号無視してわたってくる歩行者と接触しそうになったこともある。ともかく自転車を巡る環境はひどいものがある。

そこで日本サイクリング協会の自転車総合保険にたどりついて、加入しようと思った。でもサイクリングのイベントに参加するつもりもないし、その割引とかには魅力を感じない。もう少しなんかないの?と探して見つけたのがNPOの「自転車活用推進研究会」。「総合的自転車政策確立のための提言を行っているNPO法人」とのこと。年間4000円の会費は日本サイクリング協会と同じ。保険は日本サイクリング協会と同じもの。それなら、いろいろと政策面のレポートが読める、こっちの方が面白そう。てなわけで入会。この前、保険証のかわりになるメンバーズカードも届いた。まあ、おかげで自転車を巡る政策が少しは見えてきた。いろいろあるけど、なんといっても、一つ間違えれば、自転車は歩道を走らなければならなかった、というのは驚いた。その法改正が回避できた経緯なども、このNPOのニュースレターで教えてもらった。取りあえず、継続してウオッチいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.20

京都を自転車で走ってみる その2

今回、京都を走るテーマは2つ。まず美術館をはしごする。あんまりめぼしいものはないけど、国立博物館、京都市美術館、京都近代美術館、細見美術館、当たりは覗いておきたいところ。もう一つは土産物を漁りに、街中を走ること。土産物については「京都本 [2007]—キャラ別キョートBEST!! 」(京阪神エルマガジン社刊、680円)などを参考に当たりをつけて、出来る限り、京都でしか買えないもの、かつ、京都の駅前デパートでも買えないものを漁って参りました。

出発地点は京都サイクリングツアープロジェクトの京都駅サイクル・ターミナル。場所は京都駅の南側に出て、西へ3分ほど歩いたところ。まずは、京都国立博物館へ。この時期は常設展(500円)のみなので、ざっと見て一休み。ちなみに、東京国立博物館の友の会に入会しているので、無料で拝見できる。次に向かったのは三十三間堂。京都国立博物館には何度か来ているが、この界隈のお寺は見てなかった。というわけで、まずは三十三間堂。おそらく初めて入る。料金は600円。残念ながら1001体の観音さんが入っているお堂の中は撮影不可。

写真が撮りたくなって、三十三間堂から少し東に移動して、智積院へ行ってみる。拝観料500円を払って中へ。このお寺には長谷川等伯の「楓図」「松に立葵図」があるし、庭も「利休好みの庭」といわれている。見所満載ですな。

Chisyakuin

上は大書院のなか。智積院の紋は桔梗らしい。特に監視員がいるわけでもなく、のんびりした感じ。取りあえず、写真、撮りほうだい。

Chisyakuin2

講堂の回りは、5色の布が垂れ下がっている。きっと何か意味があるんだろうが、不明のまま、今に至る。でまあ智積院を出て、東大路を上って平安神宮方面へ。途中で白川の横を抜けて三条通へ出る。ここまで来れば、もうすぐ平安神宮のあたり。道が広く自転車で走りやすい。京都国立近代美術館で「舞台芸術の世界〜ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン〜」(1250円、7/16まで)を見て、向かいにある京都市美術館へとはしごする。「京都市美術館コレクション展 第1期 描かれたことば」(7/1まで、400円)を拝見。梶原緋佐子とか北野恒富の作品をしばし鑑賞。400円でこれなら、元は十分に取れた。かなり満足したので、京都市美術館を出たあとは買い物モードに入るのだが、どうも自転車に乗るという面では距離的に不満。鴨川の河原で自転車を堪能してから、お土産購入モードへ移行する。続きはそのうち。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007.06.18

京都を自転車で走ってみる

Sankyuen
せっかくの京都で午後がフリーになったので、自転車をレンタルして、軽く走ってきました。借りたのはCANONDALEのマウンテンバイク。タイヤがとても太く、ごつごつしてます。スピードは出ないけど、安定感はある。お値段は2000円。色は選択できず赤。

Kamo_oohashi

京都市は、そこそこ狭いので自転車で走りまわるには丁度いい。山に入らなければ、東西南北10km四方でほぼ収まっているし、南から北にかけてゆるやかに上っている程度なので、東京のように坂に苦しめられることもない。

問題があるとすれば、狭い道が多いこと。場所によっては路肩がなくて、横は川、という危険な臭いのする道もある。それから錦小路のように自転車の進入禁止区域もある。走る上での知識は必要でしょう。今回はレンタル自転車屋さんで売っていた100円の地図を買って、参照しつつ走ったので、大きな問題もなく走りおえました。

まあ気持ちがよかったのは、鴨川の河川敷ですね。今回は丸太町橋あたりから河川敷におりて、加茂大橋まで走ってみた。自転車もそこそこ見ましたが、走っているのはママチャリかマウンテンバイクで、ロードレーサーはまったく見なかった。まあ河川敷というより、河原という感じであまり広くないから、そんなにスピードを出せない気がする。ちなみに上の写真は加茂大橋から上流を見たところ。この暑さですから、涼を求めて人が集まってます。
いろいろと走り回ったのですが、続きは後ほど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)